「昭和」生まれで「平成」交付の「令和」有効・・・はムリでした( ̄△ ̄;)

カテゴリー:

昨日は僕、誕生日でした。

SNSなどでたくさんのメッセージをいただき、
本当に感謝しています。

ありがとうございます。

そして、今回は僕、

「免許の更新の年」でした。

ちょうど「平成」と「令和」の改元タイミングに当たりましたので、

何か「記念」的なコトできないかな~。

なんて思って1ヶ月ほど前、
「更新前の免許証」を眺めてたんです。

で、ふとアイデアが浮かびました。

「昭和」生まれで

「平成」に交付された

「令和」まで有効の

免許証!!

コレはなかなか「面白い」んじゃない??

と思い、

元号発表後の「4月中」に更新に行こう。
って決めました!

4月19日の事です。

今回初めて「警察署」での更新にチャレンジしました。
ので、「手元に届く」のは後日になったんですね。

でも、「交付」の日付は「更新に出向いた日」になることは
調べ済みでした!!

その時の様子は
https://www.minoru.co/2019/04/22/menkyo/
で書いてます。

で、

やっと「出来上がって」きた免許証は・・・

なんと・・・

「平成36年」とな・・・( ̄Д ̄;)

いやいや。。。

改めて調べると、

どうやら「4月中」の更新までは有効期限は
「平成」表記のようで・・・

ゴールデンウィーク明けの5月から
「令和」に表記がなっていたそうです。

つまりは、

「誕生日」以外の、交付日と有効日のセットは

「平成」・「平成」

「令和」・「令和」

のセットしか存在しないって事なんですねー。。。

ま、

「ルール」みたいなので
仕方ないんですが・・・

ビジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」さん方は

新元号発表から約2時間後の13時40分、
新元号ソング「令和」のミュージックビデオをYouTubeで公開。

しかもかなりの完成度・・・

きっと準備していたんですね~。

「編集作業」も「爆速」ですよね~。

・・・日本全国当然「同じ規格」の免許証。
免許証に表記されるのは同じ漢字2文字の元号。

西暦との併記のため、
きっと行ったシステム改修。

その際「元号変更」を見据えた「2文字」の
変更「準備」は難しかったんですかね??

技術的には少なくとも「翌日」からなら
変更「出来た」でしょうに・・・

まだまだ「いろんな慣習」などが
お仕事の世界で

「早さ」や「変化」を阻害している気がします。。。(>_<、)

【今日のポイント】
→ 「準備」の違い
→ 「視点」の違い
→ 「速度感」の違い

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ https://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

メールマガジン
○●○【今日は何の日】○●○
https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=ets6

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*