風景も事象も時々「遠くから眺める」という時間を持ったほうが良い。

カテゴリー:
タグ:

ホンの2週間ほど前まで、

「まだまだ寒っ」なんて言ってた気がするんですが、

昨日今日と

「もう夏か??」

って言いたくなるような日中の気温。

もう大阪は25℃を超えています。

今日は何度まで上がることやら・・・

さて、昨日は横浜で、

企業研修のお仕事をしてまりました。

全7回のうちの2回目。

とっても簡単に表現すると、

「企業の向かうべき方向性を社員全員が共有する」

ためのカリキュラムを全7回にわたって行います。

その2回目。

いちばん「ワケ分かんなく」なる可能性のある回。

企業も「社会の一員」であり、
「社会に貢献する(喜ばれる)」から
「存在する」事が出来る。

「儲け」というのは「喜ばれている存在」だから
出てくるのです。

ってなコトをいうと、

何だか「キレイごと」のように聞こえるかもしれませんが、

「突き詰めていく」と「そうなる」んです。

長く「ビジネス」を続けていきたいなら、
そこをしっかり考えなければいけなくなる。

でも、ついつい

「目の前の事象」に振り回されることも多いです。

ぼくも長らく「サラリーマン」
やってきましたから、分かります。

そして、昔むかしの「若かったボク」は

「そんなキレイごと・・・」

すらも考えないアホな子でした。(≧ε≦)

でも、よくよく「仕事」について考えると、
行きついたんですね。。。

「より良い仕事」とか

「誰かに喜ばれる事」の重要性とか・・・

「そもそも働く」ってこととか。。。

考えるうちに・・・

ゆーても「目の前の事」を
今はしなきゃいけない!!!

はい。正論。

ですが、

時々、

「ちょっと離れて見てみる」

「そんな時間」も取ってください。

ウチの会社はどんな人に喜ばれているんだろう?

どんな業界に属しているんだろう??

どんなコミュニティに影響を与えているんだろう???

そして、

ナニが提供できるんだろう・・・。

「分かんないコト」もいっぱいあると思います。

まずは

「分かんない」を「分かる」コトって重要な事です。

「気づきもしなかった」

「考えたこともなかった」

それに「気づく」ことすら「入り口」です。

今後も「ビジネス」を続けていく中で、
凄いスピードで変化していく時代背景だからこそ、

時々「ちゃんと眺めてみる」時間を取ってみてください。

「変化に対応する」

ためには、一見「回り道」に見えるような考え方が
案外近道だったりするんです。

より良い「未来」のためにいっぱい「考え」ましょう!!

【今日のポイント】
→ 「分からない」を認める
→ 「禅問答のような」時間
→ 「考え方」も学ぶ


昨日新幹線の車窓から眺めた風景。
パソコンばっか見てちゃイカンですね。(*^▽^*)ゞ

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ https://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

メールマガジン
○●○【今日は何の日】○●○
https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=ets6

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*