「それ」を伝える「意味」をまずは丁寧に伝える。

この時期、「新人研修」のお仕事が
チョコチョコ入ってきます。

昨日もとある大きな企業様で

「新人のみなさん」を対象とした研修の一コマを
担当させていただきました。

「なぜ研修をするのか」

僕はこの「理由」を結構丁寧に伝えます。

新人様向け研修の時は「特に」です。

表現を変え、エピソードを交え、

「成長してほしいから」

様々な「研修」が行われている事を伝えています。

もしかすると、参加いただいている皆様には、
たくさんある研修の一つと数えられているかもしれませんが、
僕はぼくの「一コマ」でも「そこ」をしっかり伝えます。

新人からの・・・

「言ってくれないと分からない」

このコトバを「口ごたえ」と受け取る

年配の世代がいます。

「それぐらい悟れよ」

とか

「常識じゃん」

とか・・・

いやいやそれはあまりに一方的。。。( ̄Д ̄;)

「ゆとり世代」というコトバが一番

一般的な表現だと思いますが、

多くの若い世代は「競争」というものを
あまり経験していません。

常に「肯定感」を受けて育ってきている傾向にあります。

学校の先生方も、

「親からのクレーム」などを避けるため、

「厳しい指導」を避けます。

それが「悪い」と言っているわけではありません。

「そういう傾向」の時代を生きてきた世代がある。

というだけのことです。

なので、「彼ら」は

「指摘」そのものに慣れていません。

「社会」に出て「働く環境」に変化し、
その「世界」で、指導する側としては、、、、

「早く戦力になって欲しい」

「成長して仕事にやりがいを持ってほしい」

って考えています。

だから、「こうすればいいよ」と指摘する。

ある種、当たり前ですが。。。

ですが、

この「あたりまえ」の前提が「理解されない」可能性があるんです。

だって、そもそも「(厳しく)指摘された経験」が少ないから。

ちゃんと、

「成長してほしいから」行われる「コミュニケーション」

が「働く」という現場には「存在する」んだ。

ということを丁寧に伝える。

それは「研修」の現場だけではなく、

上司や先輩との小さな「やりとり」の中にもある。

なぜそうなるのか?それは、

「自分の事は自分で分からない。」から。

そういうもんですよね。

だから「外からの目」を借りて「成長する」

これが結構効率的だし何より「ラク」なんです。

自分で自分を成長させるって実は「タイヘン」です。

様々な「プロフェッショナル」達は、

自身の成長のために「コーチ」を雇いますよね。

その事実からでも、

「外からのアドバイス」がいかに大事か分かると思う。。。

とにかく、

「すべての経験が少ない」

新人と言われるみなさまには、
一見「あたりまえ」な前提の状況すらも

「ていねいに伝える」

ことをおろそかにしない事です。

実際、「アタマの良い人たち」が増えていると思う。

「理解力そのもの」は絶対に高い感じがします。

だから「はしょらなければ」伝わるんです。

「言ってくれないと分からない」

というのは「口ごたえ」ではなく、

シンプルな「苦悩」だったり、
とても素直な「SOS」な場合もあるのです。

「研修」に当たるときも、お互いが

「同じスタートライン」を認識するって

結構大事。

それに、「前提」を伝えようとしたときに、

案外「うまく説明できない」

ことに気づけるかもしれない。(笑)

自分が「コトバ化」できないコトは
たぶん相手には「?」ってなっちゃいます。(^_^;)

とにかく「ていねい」なコミュニケーションを!!!

【今日のポイント】
→ やっぱり「時代」は変化している
→ 「研修」の位置づけの再確認
→ 「分かったつもり」を排除する

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ https://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

メールマガジン
○●○【今日は何の日】○●○
https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=ets6

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*