「結果論」とは別に「選択」し続けることの大切さがあるはずです

カテゴリー:

 

今年は「桜」を楽しめる時期が長いような気がします。

花冷えとも言われる「寒の戻り」は体調管理にはキツイですが、

開き始めた「桜」の花が散るのを遅らせていたかもしれません。

それでも昨日の雨で、近所の桜はずいぶん散りましたが・・・

今朝は少しゆっくり目のスタートの予定でした。

東京にお昼過ぎに到着すれば間に合うお仕事の予定です。

東に向かうときは「京都」から。西に向かうときは「新大阪」

どちらにも、自宅最寄駅の「高槻」からは
大体20分くらい。ありがたい環境です。

基本的に僕は、「早め」に次の予定に向かうようにしています。

「ゆっくりする」なら「現地」で。というパターンです。

今日は10時過ぎくらいの新幹線で充分間に合うのですが、

一時間くらい早めの新幹線に乗車変更してもいいかな。と家を出ました。

すると、、、

東淀川あたりで「自動車が橋げたにぶつかった」

とかで、JR線が止まってました。

こんな時、僕は、可能なら

「違うルート」で目的地に向かう選択をします。

今回は「阪急電車+京都地下鉄」で

新幹線に乗るべく「京都」を目指しました。

一瞬「阪急梅田経由で新大阪」も考えましたが。。。(^^;)

一時間以上も余裕があるんだから、

「待つ」方が余計なお金も体力も使わないんですが、

結構「すぐ」違うルートを選びがちです。

もちろん「そのせい」のリスクもあるんですが、

動かないリスクより動いたうえでの「リスク」の方が

経験値は溜まるかな。というのも理由のひとつです。

今日使った「ルート」はたまたま今まで使ってなかったから、

経験しておこう。ってのもあります。

だって、「遠回り」のルートはこんなことがないと使いませんし、

一度使っておけば、

「本当に急ぐ」時の判断に役立つから。。。

結局、迂回経路で京都に着くころには、

JR線、遅れながらも動いていたようです。

早めに出た「一時間」は使い切りました。(笑)

きっと「待っていた」ほうが楽だったのかもしれません。

小さなことも含めて、

世の中は「判断」の連続です。

「結果論」も分かった上で、

経験値を溜める「行動」を積むのも大切ですよね。

アクシデントは

「いつもの行動」と違う選択をするチャンス。

「ピンチ」はピンチでしかないと思いますが(笑)、

「アクシデント」は出来るだけ楽しめる余裕を持ちたいなぁって思うのです。

結局「予定通り」の新幹線に乗れました。

結果オーライです。(*^▽^*)ゞ

新幹線の先頭車両の写真でも撮ろうと
ホームを歩いていくと、ずいぶん人なれしたハトが「歩いて」いまして、

「まさか乗るの?」

みたいな瞬間が・・・ああびっくり(;^ω^)

【今日のポイント】
→ ピンチはピンチ
→ アクシデントこそチャンス
→ 結果論も受け入れる

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ https://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

メールマガジン
○●○【今日は何の日】○●○
https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=ets6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*