「行動しない問題」~ 前編 ~

カテゴリー:

「では、まずはここまで行動してみましょう。
次回は行動したことをフィードバックしてその次の行動を決めましょう!」

で、次回コンサルティングの現場に伺ってみると。。。。。。
・・・(実質)何も行動していない。。。(・_・;)

コンサルティングの現場で時々こんな「行動しない問題」に遭遇します。

行動につなげなきゃいけない

「行動する」には「まず考える」ことが大切です。

何でも良いから動け!なんて昔はよく言われましたが、
本当に「無意味」な行動につなげてしまったらダメですもん。。

かと言って、
実際にはどう頑張っても「行動に移せない」ことを
理想論だけで長々と語ってもしようがないので、
(夢や理想を語ること全てを否定しているわけではないですよ!念のため)

「何のためにどのように動くのか?」

まずは行動できるところまで議論を落とし込むことが大切なのです。

指示されて人は動かない

コンサルティングの現場ではボクに指示されるのを待つ方もいらっしゃいます。

「で、どうしたらいいですか?」
こう言う質問をしてくる方。

「その場合○○して△△してみましょう!」
と言いたいところですが、できるだけ言わないことにしています。

こちらから一方的に知識として「こうすれば良い」なんて伝えても、
自分の意思で決めたことではなく、

「言われたから、やらなければいけない」

そんな認識で受け止めがちになるので、
行動につながらないことが多々起こります。。。

昔からのやり方だけでは通用しない

社会が激変している中で、多くの企業は昔からのやり方が、
そのままでは通用しなくなってきています。
(経営者の多くは気づいておられます)

だからボクがコンサルティングを依頼されて入っている。

そんな現場でもこの「行動しない問題」が見受けられます。
(まぁ、ボクはこういう現場は逆に燃えますけどね。なんとかしてあげたいって思います。)

原因はいろいろあります。一言では言うことはできません。

・「自分は従来のやり方で十分売り上げている。やるのはあいつらだろ!」
と、問題が他人事の人。

・「いや~、そのやり方はどうだろう?今までやったことないし。」
と、思考が本末転倒の人。

・「○○案件で忙しくて、先日からやっと取りかかったところです。次回に報告できれば良いと思って。。。」
と、自分で勝手にルールを変えちゃう人。

etc.etc.etc…

危機感の欠如は超キケン

ナゼそういう言い訳をするのか?

全てとは言いませんが、原因のひとつに危機感の無さを感じます。
まだなんとかなるだろう、今すぐしなくても、追々やっていけば良いんじゃないか。
そんな感じ。。。

僕も旧態依然の風土を持った組織にいましたので「感じる」のです。。。

現代社会の中にいて、この危機感の無さはとてもキケンです。

10年前、5年前とはスピードが違うんです。

・・・都会だから、
・・・田舎だから。

とか関係ないです。
気がついたときは「ゆで蛙」になってしまいます。

考えているだけでは何も変わりません。
行動しなければ何も得ることはできません。

行動したら必ず何らかのフィードバックがあります。

そのフィードバックを基に、さらに考え行動すれば今より前に進むことができます。

行動しましょう!
僕も皆さんの行動に一生懸命貢献したいです!

「行動しない問題」~ 後編 ~
http://www.minoru.co/2018/08/05/koudou2/

【今日のポイント】
→ 昔からのやり方だけでは通用しない
→ 危機感の欠如が問題
→ 行動はフィードバックのため

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*