デザインは「余白」も大事。とのことです。

カテゴリー:
タグ:

関東の台風の被害、
長引いてますね。。。

「停電」ってホントにつらいっすよね。

僕もガスや水道、短い時間でしたが電気も地震の影響で
止まった経験があります。

ホントに生活インフラが止まると
一気に不便が押し寄せてきます。

ましてや「電気」は本当に困ります。
気温が高いと夜でも熱中症リスクがありますし・・・

早く全面復旧しますように。。。

本日の話題は、

「余白」をうまく活用してるとも思える広告について。

販促物の作成の現場などで、
デザイナーの方とお話をする機会などは
お仕事柄、けっこう経験します。

ぼく自身は「デザイン」の勉強などを
専門的にしたことはありませんが、

最前線で活躍しているデザイナーさん達と
お話をするチャンスが多くもらえる分、
いろいろとテクニックについて教えてもらえる事があります。

体系的に話すのは無理ですが、
色の使い方のセオリーとか教えてもらうと、
ちょっと得した気分になります(笑)

その時々で話題は変わるんですが、

わりと出てくる表現が

「余白」の使い方について。

専門的な表現はよく分からないですが、

「目立つ」ためには「余白」の扱いも大事。

そういうハナシです。

ま、そりゃそうですよね。

あれもこれもと「全部盛り」にしちゃうと
全部が埋もれちゃう感じがしますもんね。

目立たせたければ、

ある程度「削る」勇気をもって
「大胆な余白」を作ることも大切なんでしょう。

ってな理解もしつつ、
プロのハナシを聴いてたりしています。

完成までのアプローチは違うのかもしれませんが、

「余白」をうまく使った広告(?)に

今朝、電車の中で出会いました。

分かります?

クマのシルエットが窓に。。。

ぶら下がっている。。。

目的地で降りる直前に気づいたので、
何の広告かはよく分かりません。

きっと中刷り広告と連動していたように思います。

でも、

あまり「このタイプ」の広告って見ませんよね。

うまく「電車の窓」の余白を使ったと思います。

窓の外の風景を活用する意図なのかもしれません。

なんか「面白い!」って思っちゃいました。

もし、帰りの電車で再会できたら、
もっと詳しく見てみたいと思います。(^◇^)

【今日のポイント】
→ 「余白」の活用
→ 「埋もれない」工夫
→ 背景に「ストーリー」

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ https://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*