「誰かに話してみる」と違った視点での「気づき」が生まれる。

今日は東京に向かっています。

今はとってもいい天気です。
が、

夕方過ぎには雨になるとか・・・

傘を持たずに出てきたので
またビニール傘のストックが増えることに
なるかもしれません。。。

昨夜、博多で懐かしい方とお会いしました。

前職で霞ヶ関の本社に勤めていた頃、
「お名前だけ」は聞いていたけど
しっかりとお話したことはありませんでした。

「話したことがない」

と書いたのは、

「会っていた」可能性はかなり高かったから。

それはなんと「大阪中央郵便局」で
数年間おなじ空間で働いていたことが分かったから。。。( ̄◇ ̄)

平成8年から数年間、
同じ建物の中にいましたので
まぁ間違いなくすれ違ってますし、
「業務的」なやり取りでお顔も合わせていた可能性もあるのです。

さておき、「昔話」に花が咲きました。(笑)

ついつい「お仕事」の関連のお話になり、
僕が会社を辞める直前、時の上司に提案し、
一笑に付された「アイデア」について
「笑い話」の延長で披露しました。

ちょっと空気が変わりまして、、、

「今なら出来るんじゃないかな??」

提案内容は先方のあることなので
詳しくは書きませんが、

「郵便局員のブランディング」

についてです。

当時は「事業の黒字化!」
「営業活動の推進」と

「売上アップ」が第一でした。

それもあって「ブランディング」の
側面は「横に置いといて」な感がありました。

さらには

「郵便局」はそれだけで「圧倒的なブランド」
ですしね。。。

でも、いま、ちょっと「そこ」が揺れている。。。

こともあってか

「興味」を持っていただきました。

うれしいですね!!
10年越しの好評価。(^◇^)ノ

今回の僕の例はかなり特殊ですが、

自分自身の「アイデア」が
ある程度固まってきたり、
どうにもこうにも煮詰まってきたりしたなら、

「一度アウトプットしてみる」

というのはどうでしょう?

自分自身での言葉の整理にもなりますし、
他人の目から見た「シンプルな問い」などが
新たな気づきに発展したりするものです。

僕も時の上司に軽くあしらわれて、

「もういいや」

なんて気分になって自身の案にも「フタ」をしましたが、
(情熱の面で足りなさもあったと思います。反省)
たった一人の意見で「引く」というのももったいないっすよね。

何人かと話してみて

「自分のアイデアを磨く」

そんな時間も大事なんじゃないかな?

って思ったのです。

いやーもし「郵政」で採用されたら、
結構大きなプロジェクトになりそうです。

出戻りで「外部のニンゲン」として関われたら
ちょっと面白いですね!!(^◇^)

【今日のポイント】
→ 「アウトプット」で整理する
→ 「他者の視点」で気づく
→ 「足りないロジック」は説明中に気づく

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ https://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*