「選ぶ理由」に気づかせてあげる「タイトル」って重要ですね!

台風が過ぎ、

お盆も過ぎ、、

夏も終盤に・・・

とまでは思えないほどの暑さが続いています。

夜になっても中々気温が下がらず、
エアコンなしでは寝苦しい毎日ですね。。。

ふと耳にしたんですが、

北海道の方々のお家には、
暖房対策はバッチリだけど、
「冷房」は設置されれていない例が案外あるそうで、、、

今年の猛暑で「売れている」
のではないでしょうか・・・(^^;)

残暑お見舞い申し上げます。。。

さて、花火についての
僕の個人的なイメージなんですが、

夏の風物詩でもある「花火」は
何となく「夏の終わり」が似合っていると思うんです。
そんなことないです?

昼間は「カッ」っと暑くても、
夕方は「やや涼しく」なり、
薄暗くなるのも少し早くなったように感じ始める。

そんな時期が「花火」に向いている。
仲間たちと一緒にする花火は特に・・・

僕だけですかね??(^◇^;)

とにかくこの時期、

スーパーでもコンビニでも、
様々なお店で「花火」が売っています。

手持ち花火中心だったり、
打ち上げなど、ハデなものをそろえていたり、

選び放題ですね。

小さなお子さんとする花火、
仲間と一緒にワイワイ楽しむ花火、

それぞれ「自分たちに合った」花火セットを
探すんですよね。

そんな中、

今年「増えたように」思えるパッケージが・・・

「けむり少な目」の花火。

「お庭で気楽に楽しめる」とも書いてます。

「住宅地」で自宅の庭先で花火をするには
「けむり」は少な目が確かに好ましいですよね。

僕の子供の頃には、

「むしろ煙を出す」に特化した、
煙幕を出すかような花火もあったような・・・(^^;)

とにかく、いろいろ「花火業界」も工夫していますね。

煙が少ないと「写真」を撮るのにも都合がいいでしょうし、
あ、それもパッケージにちゃんと書いてありますね。

・・・と、思ってたら、

やっぱりありました。(笑)

スマホできれいに写真が撮れる花火

いや。もう、とっても分かりやすいタイトルです。

シリーズ化もされているみたい。(笑)

特に若いコ達は「花火」の時
「撮らない」はずがないですね。(笑)

花火って、、、

「花火そのもの」を売っているわけではなく、

「花火をする思い出」を売ってるんですよね。

だからこそ

「花火をする環境」を意識した

「売り方」が重要になってくる。

これは「花火」に限ったことではないですね。

アナタの商品やサービスを選ぶ人は
「何のため」に「それ」を買うのか。

そこをちゃんと意識する。

「買う側」は「コトバ化」されないと、
「気づかない」かもしれません。

だって、「花火をする若者たち」は
それを「写真に撮る」ことは「あたりまえ」すぎるから。

どんな花火であろうと「スマホ」で撮るから。。

だからこそ、

「スマホでキレイに写真が撮れる」

って言われることで、

「こんなの探してたんだよ!!」

ってなる。

ホントは探してなかったのに。(笑)

「言ってくれた」から「気づいた」んです。

来年あたり出てくるんでしょうか・・・

「アナタの彼女をもっとカワいく写せる花火」

とか。(^^)

【今日のポイント】
→ 「環境」への気づき
→ 「行動」への気づき
→ 「こんなの欲しかったんだ」って言わせる

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ https://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*