大昔も「かがり火」のそばとかでは「鳴いていた」んでしょうかね??

カテゴリー:

朝から「セミ」が盛大に鳴いてますね。

「ザ・夏」って感じです。

昨日、近所の夏祭り「高槻ウェーブ」に寄ってきました。

8月最初の土日にありまして、
年々規模が大きくなっています。

今年は、「ディズニー」も「ちょい参加」があり、
ミッキーの現れた土曜日は、どえらい人が集まったそうです。

以前、誰かから聞いたんですけど、

「この世にミッキーマウスは『ひとり』しか存在せず、
世界のどこであろうが『同時に』現れることはない」

・・・らしいっす。

ディズニーが厳重に「タイムスケジュール」を管理し、
すべての「登場場所」に共有させているんですね。。。

「夢の世界の維持」にはとてつもない現実世界での作業が必要なようです。(笑)

真夏のショー、演者の方は、
本当に熱中症には気をつけて欲しいです。
いや、まじめな話。。。

暑ければ暑いほど元気なんじゃない??

って思うのが「セミ」

元気ハツラツ、鳴いてます。(^◇^)

本来、夜行性のセミは求愛行動として昼間「鳴いて」います。

だから、夜は「暗いので」鳴かない。

ハズですが、

「夜」も鳴いてることありますよね?

僕、昔、渋谷区神宮前に住んでいたことがあります。

郵政をやめるまでの3年ほど。。。

当時住んでいたすぐそばに「公園」がありまして、
そこでは夏、ずっとセミが鳴いていた気がします。

それまで、気づいたことがなかったので、
眠らない街ではセミも眠らないんだ?

みたいな印象でした。

が、

昨夜、お祭りからの帰り、

大き目の公園のそばを通ると・・・

「鳴いてました」(笑)

街灯などが明るいと「鳴く」んですね?

昔は夜もちゃんと「暗かった」から
セミは夜、鳴くこともなかったでしょうが、
現代は夜も明るいですからね。。。

時代の変化は「自然な」動物の習性をも
変えていってるんでしょうか??

セミは「短命」ってなイメージがありますが、
土の中で何年も過ごします。

「昆虫」としてはかなり「長寿」の部類です。

5年も経つと、

「ビジネスの世界」はどえらく変化していますよね。

もし、何年も「大した変化」が出来ていないような気がしたら、
ちゃんと世の中の変化をまずは把握することが大切ですね。
自分の周りの環境だけを見ていたら、
外の世界についていけないかもしれない。。。

世の中の変化を知り、
自分自身の準備の参考にする。

「無謀な挑戦」にならないためにも
現状把握は大切なんです。

セミだって、「地上」に出る前に、
何度か「外の世界」を確かめに来てるそうです。

「出ていけるかな?」って・・・

そうそう。

セミは地上に出てからは1週間の命。

って思われがちですが、
自然の中では、1ヶ月くらいがんばってるそうです。

暑い夏、謳歌してくださいませ。(^◇^)

【今日のポイント】
→ 「世の中の変化」をムシしない
→ 「自身の変化」にも準備が必要
→ 「数年前」との違いもチェック

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ https://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*