「日傘男子」ってコトバがなくなるくらい「一般化」できますかね?

カテゴリー:
タグ:

めっちゃ暑くなりました。

昨日、TVで見ましたが、
今回の「長い梅雨」のせいもあって、
「人間の自律神経」が乱れやすくなっているそうなんです。

そうなると、
交感神経と副交感神経の切り替わりがうまくいかないそうで、
具体的には「汗」がうまくかけない。とか。

すると、「体温」が下がりにくく、

「熱中症」のリスクが格段に上がることにつながります。

実際、梅雨明けの「7月」に熱中症による
救急車の出動が激増するとかで、
「気づかないまま熱中症」にならないためにも
こまめな「水分補給」は室内外を問わず行うべきですね。

みなさま「暑さ対策」ってなんかしてますか?

正直僕は「汗拭きタオル」が大きくなる。
くらいです。

うちわがあれば使いたいですが、
わざわざ「扇子」を持つマメさはありません。

女性はこの時期「日傘」を使われる方いますね!

というか、「男性」にも日傘が普及し始めているようです。

デパートや百貨店にも、
「男性用日傘」のコーナーを見かけたりします。

「日差しに負けないメンズパラソル」ですと。

「日傘男子」なんてコトバも最近聞きますが、
そのうち男女関係なく「日傘」は常識のアイテムになるかも?

ですね。

だって「殺人的猛暑」なんてコトバが飛び交うんですからねぇ。

でも・・・小雨くらいなら「傘をさす」のが面倒に思う僕としては、
なんかまだ「必要性」を感じないのですが、
「雨」よりも、降り注ぐ「熱波」の方がキケンと感じたら
そのうち使うのでしょうか・・・。

その時は僕の大好きな「ビニール傘」はナシですね。
あ、それとも「使い捨てレベル」の「ビニール日傘」とか
生まれたりするのでしょうか・・・

と妄想は尽きません( ̄◇ ̄;)

あと、日傘で避けられるのは日焼けですね。

営業マン時代、自転車で大阪市内を走り回っていた頃、
半袖のシャツを着ずに「長袖」を着続けたおかげで、
「顔と手首から先」が真っ黒で、「身体」は真っ白という・・・
なんか「銭湯」に行きにくい気分になったのを思い出します。(苦笑)

あの時代、「日傘」なんて持とうもんなら・・・

考えただけでぞっとします(笑)

さっき事務所近くで

「日傘の相合傘」の若い男女を見かけまして・・・

あ~。。。「アリ」かもね。

なんて思いました。。。(^◇^)

あのあたりの世代が社会に出てきはじめる頃、

「日傘男子」なんてコトバは無くなって
「あたりまえ」の時代が来るのかも??

ウチの亡くなった父が、
暑い日、外出するとき

「カンカン帽」をかぶって出かけていました。

そう言えば、昔、年配の方は結構かぶっていたような・・・

今思えば「暑さ対策」ですね。

ん?コレならかぶってみてもいいかナ?

時代は変わる。と言いますが、
時代は巡る。とも言いますね。

古きモノ、新しきモノ

活用するのはいつだって「今生きるヒト」

【今日のポイント】
→ 「熱中症」にご注意
→ 「あたりまえ」も出始めはあった
→  「流行は巡る」にも通ずる

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ https://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*