「失敗した」のは「挑戦した」から。そのすばらしさに気づかなきゃいけない。

カテゴリー:

誰でも失敗したくないし、

失敗しないように頑張ります。

でも、

絶対「失敗しない人」もいます。

それは、

「何もしていない」人。

「挑戦」しないと「失敗」のしようもない。
そういう事です。

Twitterで見かけた投稿です。

与沢さんという人について
あまり詳しくは知りませんが、
この投稿は本当に正しいと思いました。

「挑戦してる人からは刺激を貰うのが正しく、
失敗した人を見たら羨むのが正しい」

その通りっすね。

「何もしない」ことを

正当化したい人が多い。

それもまたその通りなのかもしれません。。。

やっぱり「やってみる」って大事ですよね。

そして失敗にめげない!!

次はチョット変えて「やってみる」

成功するまで続けたら、
「成功」と「ブ厚い経験値」まで付いてくる。

そもそも、

最初っから「上手くいく」ことなんて少ないんですから。。。(笑)

「やってみて」

違うな??

って思ったら「変える」

その繰り返しを、あえて楽しめるくらいになれたら
スゴイことですよね!

でも、きっとみんな昔は
どこかで「チャレンジ」の瞬間があったはず。

そのチャレンジは

多くの場合、

「誰かに促されて」

してきたものが多いのではないでしょうか。

「自分で決めていない」

から、成功してもあまり達成感がない。
失敗なんてしようものなら、

「・・・ほらね。」

なんて、ちょっと冷めて、
心の中では促してくれた(チャンスをくれた)相手を
少し責めるような感情をも持ったかもしれない。。。

チャレンジするチャンスをくれた相手には
感謝しなきゃいけませんね。

それに「チャレンジ」する時には、
ちゃんと「自分事」にする。

準備も可能な限りする。

そうすれば、正しく「失敗」を悔しがれるし、
次につなげる原動力になる。

もちろん成功したら、
とってもうれしい!

それが「成功体験」

今を生きるビジネスマン達は、

そのような「成功体験」が少ないのかもしれません。

もしかすると「チャレンジ」すらさせてもらえない
環境だったのかもしれない。

成功、失敗含め、チャレンジしようとする行為すら

それを「疎ましく思う権力者」に「つぶされてきた」

のかもしれません。。。

時代の流れが速い今こそ、

正しく「チャレンジ」して
成功のために
正しく「失敗」を重ねて行きたいですね!

大丈夫。

その先に、いつの間にか「手に入っているもの」
の大きさに気づくから!!

【今日のポイント】
→ 「失敗」したほうがいい
→ 偉人はみんな「失敗」を肯定的に語っている
→ 「チャレンジ」をするから「結果」がある

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ https://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

メールマガジン
○●○【今日は何の日】○●○
https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=ets6

コメント

  1. もる組 より:

    与沢翼さんって検索すると出てきますが、ニュースで見かける青汁王子みたいな人ですよー。

    • minoru より:

      上下のふり幅の大きい人生ですね~。
      ある意味うらやましいですね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*