どうしても「売れ残り感」が伝わってきてしまうんですよねぇ・・・(笑)

時々僕は、
商店街やショッピングモール、商工会さんなどで、

「看板・POP・チラシ塾」

的な研修の講師をさせてもらうことがあります。

大まかには・・・

①看板で「足を止めて(目を留めて)」もらい、

店内に(目線も含め)誘導。

連動した②「POP」で興味を持ってもらい、

「買って」いただけても、そうでなくても
次回のための ③「チラシ」は持ち帰ってもらう。

ってな感じで、

「販促物」がちゃんと連動して、
お客様を売り上げに丁寧に導く「シナリオ」を
ちゃんと描く。

そんな研修をさせてもらいます。

「連動する」販促ですから、

看板やPOPやチラシ以外にも、
接客そのものや、
Webページ、各種SNS、
名札や駐車場案内に至るまで、
「思い当たる」販促ルートは
可能な限り「連動」させるべきなのです。

ですが、

「手っ取り早い」トコロとして、
「看板・POP・チラシ」
はすぐに「手書きで」でも手をつけられる部分。

なので短い研修では、
「そこ」に特化して講義やワークを行います。

その講座の中だけでなく、

僕がいつも言うのは、

「手書き」販促物については
「ある程度の完成度は目指しましょう!!」ってこと。

「手書き」には手書きの良さがあります。

「印刷ではない」がすでに特徴です。

たくさんの「デザイン文字」があふれる中で、
「手書き」というだけで「目立つ」要素があります。

そうなんです。

「目立つ」のです。

だからこそ、「ある程度の完成度」は
目指してほしいのです。

乱暴な表現ですが、

販売促進の現場では、
(悪い意味での)「学芸会」になってはいけないのです。

本当に「小さな子どもたち」が
一生懸命書いた文字やイラストは、
どんな出来ばえであったってほほえましいモノです。

しかも「親御さん」にとっては、
有名なデザイナーさんの作品より「価値ある」モノでしょう。

ですが・・・です。(^^;

「販売促進」の現場での大人が手掛ける「手書き」には
「その要素」は困ります。

だから、「ある程度の完成度」は欲しい。。。

最近見かけたPOPでザンネンなものがありました。。。

・・・なんでしょう。

コーヒー7個で400円ですから、
確実に「お買い得」なんでしょうが、

見事に伝わってくるこの・・・

「売れ残り感」( ̄◇ ̄;)

どういった経緯で、この「POP」(?)を
作成したのかは分かりませんが、
「悪気(わるぎ)」もないと思うんです。

きっと(電話か伝言で)「言われた通り」に書いた。。。

ような気がします。

ではここで、「完成度は??」と
聞かれたらどうでしょう?

決して「高い」とは答えないでしょうね。

人それぞれの「主観」がありますから、
「あやふや」なモノではありますが、
「販促物」である限り、目指さなければいけません。

「ある程度の完成度」

投げやりに作ったコトバや販促物には、
やはり投げやり感がついてきます。

どうせなら言葉だって

「無理にでも」口実を作りましょう。

「たった400円で日本一周 (笑)」

とか書いてみて欲しいです。\( ^o^ )/

どんな時でも「工夫」を忘れないでいましょう!!

【今日のポイント】
→ 手書きで伝わるのは「ぬくもり」に違いない
→ 手書きで目指せるのは「上質感」かもしれない
→ 手書きで演出すべきは「口実力」だと思う

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ https://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

メールマガジン
○●○【今日は何の日】○●○
https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=ets6

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*