求人の「基準」って求め始めたらキリがないですよねー。。。

カテゴリー:
タグ: ,

仕事柄、

いろいろな「広告」に
ふと目が行ってしまいます。

そして、「その時」なんとなく
「気にかけている」関連のモノには
特に視線を奪われます。

ちょっと前、

「求人広告」のことで

ご相談を受けまして、
現場スタッフの方々も交え、求人の文面も含め、
皆で議論し広告を出しました。

結果はひとまず満足いきました。

「求人」を求める側はどうしても
まだ見ぬ「相手」への期待を膨らませ、

「こんな人に来てほしい」

の条件が
どんどん増えていくことがあります。

「それ自体」は悪いことではありません。

求人に限らずどんな広告にも言える事ですが、

「ターゲット像」が具体的であることは
イイ事です。

でも、

「それをそのまま」書くわけにはいきませんよね。

結果的に

想定した「ターゲット像」が反応するような
メッセージを発信しなければいけない。

そして、結果を「検証」することが大切。

「求人広告」で言うなら、
「応募」の反応と「面接」による対面が
検証に当たるといえますね。

「その広告文」でどんな反応が起こったのか。

それが重要です。

冒頭のクライアントは今回の「反応」に
満足なさったのでまずはOKです。

でも、正直「たまたま」だったのかも?

と思うのです。

だってキャッチが
「あまりにもシンプル」だったから・・・( ̄◇ ̄)

そのクライアント様の事例をお見せするワケには行きませんので、

「ニュアンス」の似たモノをご紹介します。

「健康で明るい方 求む」

思いっきりシンプルです。

もちろんこの広告の「反応率」は知りませんが、
これにニュアンスの似た「キャッチ」で
満足のいく結果を得ましたので・・・

あ、媒体は「貼り紙」ではなかったですが。。。

当時、色々「キーワード」が出てきて、
たくさん議論して、

「あーでもない。こーでもない。」

の末生まれた「シンプル」なモノだったから
効果が出たのであろう。

そんな結論に至ったのでした。

写真の「貼り紙」にも
そんな背景があるのかもしれないし、
ないのかもしれない。。。

でも、

この貼り紙を見て
「問い合わせてくる」人は

「健康で明るそうな人」

の可能性は高い。( ^o^ )

最終的には「シンプルなモノ」が伝わるのかな。

そんなコトを最近考える機会が多いです。

【今日のポイント】
→ 思いつき「だけ」はキケン
→ 「考察」の時間は大切
→ 最後はいつでも「相手」の目線

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ https://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

メールマガジン
○●○【今日は何の日】○●○
https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=ets6

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*