「見なくなった」ら「目立つ」モノってありますよね~。

カテゴリー:
タグ: ,

もう

「全く知らない」

って人も多いでしょうね。

「駅の伝言板」

1980年代には各駅に

当たり前のように設置されていました。

駅員さんにチョークを借りて、
待ち合わせ先の喫茶店にいることを伝えたり・・・。

そこそこ「落書き」もありましたね。(笑)

あとは、

「知っている者同士」

しか分からないであろう、

「暗号」的なモノも良く見ました。

「駅前の喫茶店で待ってます みのる」

なんて書いてると、

見た人全員に伝わっちゃう。(^^;)

「Kにいます。M」

くらいなら打ち合わせがなくても
良く知ったもの同志なら伝わりますね。

単にアルファベットの羅列のような
まさに暗号のような書き込みも結構ありましたね。

当時流行った落書きに

「XYZ」

ってのがあったんですよね。

『もう後がない』って意味を含んでいて、
助けを求める「メッセージ」的な。。。

流行った理由は、

「シティーハンター」ってマンガの影響。

懐かしい~~~!

って人もいるのでは?

月に数回「新宿」にお仕事で訪れています。

新宿駅南口にこの前設置されてました。

写真を撮っている人が多く、

年齢層はかなり高めで・・・(笑)

映画のプロモーションの一環でした。

もうめったに「見なくなった」モノなので
余計に「目をひき」ました。

これも「工夫」の一つですよね。(^^)

あちこちで見ると「風景化」しますが、

「珍しいモノ」だったり

「珍しい使い方」されていたりすると、

目立つかもしれませんね。

会社の倉庫を「大掃除」していて、

もし昔使っていた、
営業行き先記入用の「黒板」とか見つけたら、

「目立つ店頭看板」に再利用できるかもしれませんね(笑)

それだけじゃなく「事務用品」なんかも
うまく活用できたら、

「その時代の人」は「なつかしー」って
寄ってくるかもしれません。

もちろん

「寄ってきてもらってから」

のシナリオが「しっかりあるコト」

がもっと重要なんですけどね~~~。

そういえば、

「シティーハンター」の主人公
冴羽 獠(さえば りょう)が
設定上「住んでいた」新宿区区役所通り

僕はいつも通ってるんですよね~。

ま、「あのころ」とは風景も建物も変わっているんでしょうけどね。

【今日のポイント】
→ 「とことん古い」は新しい
→ 「なつかしい」は使いやすい
→ 「一発芸」で終えちゃダメ

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ https://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*