プロフェッショナルに徹するのか、プロフェッショナルなのか。

あなたは「あなたのお仕事」の世界において、
「プロ」です。

「お金」をいただいてする「お仕事」ですから、
その道にあっては「プロ」なのです。

もちろん「熟練」の度合いに違いはありますが
「プロ」でなければならないのです!

とまぁ、「プロ」を連呼しましたが、

昨日、いろいろと「プロだなぁ」と思うことがありまして
こんな始まり方になってしまいました。

経緯を話せば長くなりますので「はしょり」ますが、

昨日「東京スカイツリー」の「外側」を歩く事になりました。

「お仕事で」です。(^^;)

東京スカイツリーが高さ世界一の自立型電波塔として
また、人気の観光スポットとして開業以来

「点検用作業デッキ」として運用されてきた
地上から155m地点の「外側通路」を歩かせてもらいました。

これも「いろいろ」ありまして、
「貸し切り」での体験でした。

安全ヘルメットの着用はもちろん、
蛍光色のベスト着用、カメラ利用のための落下防止ストラップ。
さらにはそのストラップが絶対に外れないように、
安全ベストに結束バンドにて固着。はずすのは後にハサミでカット。

んー。。。

物々しい。。(^^;)

ってのも、「スカイツリー」から「モノ」が落ちると、
それだけで「凶器」になるからだそうで、

「フリスク一個」でも「危ない」のだそうで・・・

しまいには「金属探知機」で「ボディチェック」されました。

でもコレ、「特別」なわけではなく、

「観光」で体験しても同じコトが行われます。

なので、「案内」をしてくださる「係員」のスタッフさんは
とても慣れておられました。

対応もにこやかで、動きもキビキビと
「プロフェッショナル」な印象でした。

風圧に負けないようにでしょう、「飛行機」のような
重厚な扉を全身で押すように開けると。。

地上155mの「外」の世界。

ちょうど「夕焼け」の時間で、
とてつもなくステキな時間を過ごしました。

幸い僕は「高い所」も苦手ではないので、
ひたすら楽しかったです。

さて、

「案内」をしてくださった「スタッフ」は女性が2名。

景色についての説明は何を聞いても返答は完璧、
周辺の歴史についても「へぇ」というような「お話」を
随所にしてくれました。

良く勉強なさっているし、「熟練」を感じました。

大変参考になりました。

ただ・・・

「普段」は「観光客」さま相手のお仕事のせいか、
時々「妙なハイテンション」が「違和感」でした。

そうですね。

例えるなら、時々「ディズニーランド」のノリをはさんでくる感じです。(苦笑)

こちらは「少人数のおっさん達」です。

あとこちらの問題ですが「観光」ではありませんので・・・

少しばかり「つらい空気」の時間と相成ります。(笑)

きっと「いつもより」は抑えめのバージョンだったとは思うのですが・・・(^^;)

相手によって完全に対応を変える。
という判断も世の中にはありますし、
逆に全部いつもどおり「やりきる」というのも判断。

彼女たちも本心は「やりにくかった」はずです。

そんな中、彼女たちはどんな場面でも「気恥ずかしさ」は出さず
「プロ」としてやり切りました。(笑)

でも(いつもの)参加型の「スタートの掛け声」は、
はしょっても良かったなぁ(^^;)

最後に、相手により変えずに「普段の姿」をつらぬいた
もうひとりの「プロ」の姿

新幹線の乗務員さんが、声をかけられ、
小さな子供にしゃがみ込んでなにかお話をしていました。

「新幹線」は男の子は一度は「ハマる」乗り物。

その「うんてんしゅさん」はカッコいいヒーロー的な。。。

「そういう空気感」でした。

ほほえましい。

遠くから何となく眺めてまして、、、

お話が終わりました後、

乗務員さんが立ち上がり、

ものすごく力の入ったキレイな

「敬礼」を。

それはそれは本当に「ビシっ」と。。

敬礼を返す子供の輝く瞳。

うーん。

「プロフェッショナル」だわ。

【今日のポイント】
→ 「判断」し「やりきる」のがプロ
→ 「変える」か「変えない」か
→ 「相手の目」「周りの目」

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ https://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*