定期的に「突如欲してしまう食べ物」ってあるよね?って話。(*^▽^*)ゞ

カテゴリー:

コンサルタント。
セミナー講師。

という仕事がら、僕は出張が多いです。

はい。
今週も元気に出張中です。

昨日は埼玉、今は東京。これから岡山に向かいます。(*^▽^*)ゞ

大阪にいることがほとんどありません(苦笑)

自分の事務所にずっといないって、
良いことなのか、悪いことなのか。。。
考えどころですね。(;^ω^)

でも、お仕事が続くのはありがたいことです!!

そんな毎日ですから、
僕の食事はほぼ外食になっちゃいます。

これは本当に気をつけないといけないと思っています。

移動の合間にサッと済ませたいタチなので、
落ち着いて食べるということがほとんどない。(笑)

これは良くないですよねぇ。。。

今日の話は、どうでもいいことですが
以前から気になっている食事の話。

「定期的に異常に食べたくなるモノ」ってあるよね?
って話。
ライズマーケティングオフィス内に限っての話なのかもしれませんが、、、

「吉野家の牛丼」「王将の餃子」「マクドのポテト」

この3つは時々異常に食べたくなるときがあります。

世の中にはたくさん美味しいものがあります。

当然、牛丼・餃子・ポテトだって、
こだわった素材で一流の調理が施されたものもあります。

なのに。。。ナゼ???

こんな言い方をしたら失礼かもしれませんが、

「吉野家の牛丼」「王将の餃子」「マクドのポテト」は

そこまでこだわったものでもないはずです。
(あ、提供時間や低価格への工夫は別ですよ。)

純粋に、冷静に、金額抜きで考えたら

「牛丼・餃子・ポテト」で、
もっと美味しいところは沢山あるでしょう。

僕自身これが日本でいちばん美味しい牛丼だ!餃子だ!ポテトだ!

と言いきれるか?と問われたら

「いいえ。」と言ってしまうでしょう。(^◇^;)

なのに。。。ナゼ???

以前、食品通販の企業さまのコンサルティングをしていたとき、
スタッフ様方とのミーティングでこういった話はいつも出ていました。

「食べ物」って、そのモノ自体の美味しさはもちろんあるでしょうが、
それよりも「味」以外の「美味しさ」にまつわることは沢山あるはずです。

食べるときのシチュエーション、料理・素材のストーリー、
その料理に対する以前の個人的な記憶・・・。

むしろ舌や脳が感じる美味しさは、
モノ自体の美味しさより「こっち」の方に引っ張られる可能性の方が高いかも。

と思ってしまいます。

ライズマーケティングオフィスに限っての話、

「吉野家の牛丼」「王将の餃子」「マクドのポテト」

にもそういったシチュエーション、記憶、があるのかも。。。

若い頃、
お金もそんなに無い自分を、美味しくて、お腹いっぱいにしてくれた幸せな。。。

激務で残業続きの中、
夜遅く仲間と短時間でかっ込んだ、ちょっとしんどいけど楽しかった。。。

そんなシチュエーション?
記憶?

無性に食べたくなって、タイミング良く食べることができた時の美味しさは、

どんなモノにも代えがたい満足した気分になります。

そういうことってありませんか?

食べることに困っていて、食べることができたら何でもいい、
なんて人はほとんどいない。

今ある食べ物の多くは「ある程度のクオリティ」は保っている。

としたら、お客さんが「食べるものを選ぶ意思」を後押しするのは何なんだろう?
モノ自体よりも他のところに「理由がたくさん」転がっている気がしますよね。

さらに、「同じ食べ物」でも、
食べ方に「自分ルール」があったりして。。。

最近「吉野家」には、こんなメニューも出てきてます。

「オレの場合はさぁ・・・・」

と、いろいろ口をはさみたくなりません??

こんなブログを書いていたら、吉野家の牛丼食べたくなってきました。
七味たくさん・紅ショウガ特盛で!!!(。・ω・)ノ

【今日のポイント】
→ 「定期的」な欲求
→ 「シチュエーション」の重要性
→ 「個人的な記憶」も味の一部

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ https://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*