「読んでいる相手」の感想を狙いに行くって大事。

別に「コピーライター」ではないけど、
コピーライティングを考えなきゃいけない。

そんなシーンはたくさんありますよね。

というか、中小企業は特に、
コピーをプロに依頼できる環境の方が、
少ないように思います。

実際、時折登壇させていただく
宣伝会議さんのコピーライター養成講座でも、

通っておられる受講生さま方は
コピーライターを目指す方のほかに、

「現在の仕事に役立てたい」

という理由で来られている方が
案外多いです。

もちろん「コピー」を書くための
「お作法」的なものはあって、
しかも多岐にわたっていて、
ひと言で表現できるものではないのですが、

誰でもできる。

というか、「生活者」としての視点でできる方法があります。

それは、

「そのコピーを読んだ(見た)ひとから
どんな返事(つぶやき)をさせるか?」

を狙いに行く。

というもの。

「ほとんどの人が同じ感想を言う」

ならば、「その次」への展開も狙いやすいですよね?

僕はセミナーなどでもよく言うのですが、

販促物とはコミュニケーションツール
と考えるべきなのです。

コミュニケーションには「コトバ」が重要です。

「その先を読みたくなる」コピーは
「優れたコピー」なのです。

相手とのコミュニケーションを設計する。

コピーライティングのポイントのひとつです。

あ、以前入ったラーメン屋さんで、
こんなの見かけました。

・・・はじめりゃいいじゃん。(笑)

って多くの人が「ツッコむ」と思います。

ま、コレは「オモシロ」の部類ですけどね。。。(^^;)

あ、「読んでいる人の笑顔」を狙いに行くのも

「良いコピー」につながります。

「コピー」を考えなきゃいけないあなた。

ぜひ参考にしてみてくださいね!!(*^▽^*)

【今日のポイント】
→ 「販促物」は「コミュニケーションツール」
→ 「返答」を狙いに行く
→ 「笑顔」を狙いに行く

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ https://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*