「常識」とか「正解」とか、そんなものに縛られず自由に楽しんで仕事に向かいたい!よね。

木の年輪は、南側の方が広い。

・・・は、間違いだった。。。

なんて記事を先日見かけました。

東京農業大学非常勤講師の堀大才先生のお話です。

こういう、「常識(?)」みたいに思われていたことが、
実は全然間違っていた。

こういったことが、最近目につくようになっています。

木の年輪は南側が広いは間違いだった!?

僕も講演で話をしてきた、
「ネアンデルタール人の絶滅のワケ」の話も新しい説が出てきて、
それはそれで凄く興味深い話(笑)で
またのめり込み、使わせてもらったりしています。

昨年、ノーベル賞を受賞された本庶佑教授も、

「(科学誌の)ネイチャーやサイエンスに出ているものの9割は嘘で、
10年経ったら残って1割。」

と仰っていたように、
(「嘘」ってのはキツいですが・笑、仮説ですからねぇ。)
常識として何も疑わず、信じ込んでしまうのは危険だなぁ。。。
とは、よく思うようになってきました。

仕事もそうです。

長い間その業界の常識とされることを、
疑ってかからないといけない時代になっています。

でもコンサルティングの現場に立つと、
それは非常に難しいことだとわかってきます。

それはそうですよね、「常識」なんですもの。。。

はなっから「疑うポイント」にも上がってきません。

信じてきた常識の上に、いろいろなものが積み重なって
今に至っているわけですから。
それを疑ってしまったら全てが崩れてしまいます。

そんなこと認めると、自分達の存在さえ疑わざるを得なくなります。
常識は常識として、持っている方が安心なんです。

セミナー、研修、コンサルティングと
日々ビジネスというものに向き合っていると、
この「常識」のように絶対揺るがないものを、
ついつい求めてしまいます。

何かしら「絶対」というものを持っていないと安心できない・・・
いろいろな現場で

「で、どうしたら良いですか?」

と、

「言われたままに行動できるまで具体的になった正解」

を僕に求めてくる方は、まだまだ多いです。
僕は自分なりの考える切り口、その考えを落とし込んだ一例。
としての事例はお伝えしますが、
それが絶対に正解だとは言いません。(もちろん思ってもいません。)

いろんな条件がボクがお伝えする事例とは違うでしょうから、
自分なりに「考えて行かなければ」なりません。

考えて考えて至った結論は正解か?と聞かれれば、

「やってみなければわかりません。」

としか言いようがありません。

異論もありましょうが、

マーケティングの世界も多くは「仮説」で成り立っていると思います。

絶対に正解があるならみんな商売繁盛です。

ありえませんよね。(笑)

絶対の正解は無いけど常に考え行動する。
行動すれば結果が出るわけですから自ずと答えが見えてきます。

ここでうまく行かなかったら失敗。。。
なんて多くの人は思うのでしょうが、

科学的に「違う結果が出た。」と考えるのがいいでしょうね。

だからその結果を基にもう一度思考を重ねていく。。。
絶対の正解は無いけど常に考え行動する!

ですね。

自分で考えず、安易に答えを得る。
誰かから与えてもらった答えを鵜呑みにする。

これは簡単に安心するため?
責任転嫁のため???

「○○の本に書いてありました。」

「○○先生が言われてました。」

だから・・・、
その通りやったけどうまく行きませんでした。

○○が悪いのであって、
自分は悪くないとでも言いたいんでしょうかね。(^^;)

こんなこという人に限って、

その本に書いてあることがキチンと読めていない。

先生の言ったことをキチンと聞けていない。

自分に「都合の良い解釈しかしていない」ことも多いんですけどね。

とにかく、ビジネスの世界では絶対にこれしかない。
と言う正解はありません。

常識とか正解とか、そんなものに縛られず、
自由に楽しんで仕事に向かう。

そんなことを皆さんにお伝えするため、
今日も頑張って現場に向かいます!!!(*^▽^*)

【今日のポイント】
→ 「正解」はない。
→ 「仮説」が重要。
→ 「思考」を止めない!

**

あ、「年輪」に関しては、
植物学的に“谷側が広い”が「本当」っぽいです。
ただし針葉樹ね。(^^)

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ https://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*