「未来のこと」がわかる人なんていない!って話。

「本当に大変な時代になりましたね。
この先どうなっていくんでしょう?」

あいかわらず訪問先で、よく聞かれる言葉です。

いつも言っていることですが、

「そんなこと」わかりません。(^^;)

無責任と思われるかもしれませんが、
未来のことがわかる人は、
間違いなくこの世の中に一人もいません。

どうなるかわからないから「未来」なんです。

いま40歳後半~50歳代のそこそこの地位にいる人は、
若い頃に「今のような状況」が予測できたでしょうか?

ある種のノスタルジーで

「あの頃は良かった。」

みたいなことを言う人がいますが、
社会全体で言えば「現在の方が良い」に決まっています。

とにかく、あらゆることが便利になっています。

例えばスマホ。。。

「ポケベル」で呼び出され、慌てて「公衆電話」を探して用件を聞く。

なんて、今考えたら面倒くさいですよね。

「待ち合わせ」だって「どうやってたか」忘れました。(笑)

例えば本。。。

どうしてもほしい書籍が、
あっちの店でもこっちの店でも見つからなくて、
3件も4件も回ったところで

「やっと取り寄せてくれる」店が見つかって、

頼んだら2週間先になる。。。

なんて・・・

今だとアマゾンをポチッちゃえば次の日に手に入る。
朝ポチってその日のうちに届いていたことも・・・(^^;)

ね。便利な世の中になっています。

まだまだ「?」な対応もありますが、

「インフォメーション」は「ご機嫌」などに
左右されない
「アシスタント」に変わって行くでしょう。
これまでの「ロボットたち」より精度高かったです。(^^)

「わからないこと」に時間をかけて

考えているつもりになってもしようがありません。

それは考えているんじゃなくて不安になっているだけ。

怯えているだけ。

間違いがないのは、

「何も考えず」今まで通りの仕事をしていたら、
それがどれだけ一生懸命やったことでも「衰退する」だけだということ。

まわりはドンドン行動して未来を創ろうとしています。

未来は誰かが創ってくれるものではありません。

いや、他が創った未来はあなたの未来を潰してしまうかもしれません。

「これから先、どうなるんだろう。」

この「どうなるんだろう。」という言葉が、
もう他人任せな感じがします。

せめて、

「これから先、どうしよう。」

でお願いします。
そして、

「こうしよう。」「こうしたい!」

に持って行って下さい。

今の時代、

「自分自身で未来を創る」

には、知識・思考・行動の3点セットは不可欠です。
そのためにボクは皆さんのお役に立てるよう、

今日も頑張って行きます!!!

【今日のポイント】
→ 「未来は自分で創るもの」って言ったのは数学者のアラン・ケイ
→ 「つべこべ」いっても「便利なモノ」をひとは選択する
→ 「あの頃は良かった?」でも「あの頃」にも戻れませんよ。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ https://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*