身近な魅力は「そばにある」と案外気づけないものなんです。

カテゴリー:

あなたは「郷土料理」って、

すぐに浮かびますか?

僕は「大阪の郷土料理」って言われると、
実はピンときません。。

まさか「たこ焼き」って言うわけにもいきませんし。(^^;)

でも、大阪の多くの家庭には、

「たこ焼き機」(たこ焼き用鉄板)が
あるようですし、
他の土地に比べると「粉モン」を食べる機会は多いと思いますが。。

昨日、宮城県松島で

「仙台雑煮」という料理をいただきました。

松島湾で捕れる「ハゼの焼き干し」をダシに使ってます。

「焼きハゼ」は、年末になると
数匹ずつワラ縄で束ねたものが市場などで売られるそうです。

すごくコクがあって、お酒が進みました。

また、この立派な「ハゼ」も美味しかったです。

すると、現役の漁師でもある店主は、

「あ~。。それ(ハゼ)食べなくてもいいよ・・・」

え???

どうやら「出汁」のタメのものという扱いのようで・・・

いや、美味しかったんですが・・・(^^;)

「食べ方」も土地によって特徴がありますよね。

一緒にいた仲間は皆、珍しさも相まって、美味しくいただきました。

が、

その場に同席していた、店主の息子さん(19歳)は

「その手のモノは食べ飽きている」らしい感じが
しっかり伝わってきました。(笑)

そりゃそうですね。

はっきり言って「サカナ」はもういいわ。

って感じでしょう。

マックやケンタ、牛丼をガシガシ食べたい年頃だと思います。(^^)

「郷土料理」が食べたくなるのは、

「普段食べることが出来なくなる」からなんでしょう。

料理だけでなく、

「身近にあるものの良さ」

って離れてみなければ良く分からなかったりするものです。

僕は仕事柄、

「地域活性化」のお仕事の依頼もよく入ってきます。

そんな時、

まずは「その土地に詳しくない」ことを武器に、
その土地の「特別」を見つけるようにします。

だいたい相手は

「コレが普通ですが・・・」

なんて反応をなさる。(笑)

はい。コレが大きなヒント。

「当事者」はなかなか気づけないものなんですよね。

そして「地域活性化」を「その土地」でがんばっている方って、

「実はその土地」の人ではない場合も多々あります。
というか、僕の経験上、「そっち」のほうが多い。(^^;)

何かのきっかけで、「その土地」が大好きになり、
疲弊し、しぼんでいく文化を守りたくて立ち上がる。

あとは、「子どもの頃」当たり前だった味や風景。

都会などに出て行って、長い年月を経て、
魅力を再発見して「守りたく」なる。。。

「活性化」は良い事なのに、

なぜか「その土地」のひとは、
今一つ「盛り上がってない」なんてことも、、、

このあたり、ちょっとさみしい「あるある」ですね。

地域活性化はインターネットやSNSの普及もあって
「昔」よりも「やりやすい」時代になりました。

あとは「がんばる人」をいかに孤立させないか。

簡単な問題ではありませんが、
ちゃんと「そこに目を向ける」ことも大切ですよね。

うまくいき始めると、みんなついてくることも多い。

最初の「ひと転がり」が大切なんですよね!

僕は「そういう人」をちゃんと応援していきたいのです。

あ、土鍋でハゼの干物を「日本酒」で煮て。。。呑む。

まー。美味しかったし、えらく酔いました。。。(^^;)

ずっと「つまみ」なしで飲み続けられる「熱燗」」です。(笑)

【今日のポイント】
→ 「魅力」って近いと見えない
→ 「離れる」とよく見える
→ 「どうせ」って感覚は遠ざける

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ https://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*