自主セミナーは自由に話せるということ。

こんにちは田中みのるです。

秋めいてきたと思ったら、
なんだか夏に逆戻りなココ数日。

朝晩の気温差でみなさま体調など崩しておられないでしょうか??

僕はというと、

先週、少し風邪気味で久しぶりに
お医者さんに行きました。

もうすっかり元気です!

先ほど告知チラシが到着しましたので

セミナー告知チラシ

勝手ながら、
今回のブログはセミナー告知がメインです(笑)

来月ですが、

大阪で11月9日(木) と姫路11月16日(木)に
セミナーを開催させていただきます。

HAM株式会社 代表取締役 堀田周郎 先生との
ダブル講師のプログラムです

堀田先生は「ブランディング」についてお話してくださいます。
「売れない時代」に選ばれるために必要な手法を
自身の経験を元にお話してくださいます。

本当に今の時代に必要な気づきを提供してくれる内容です!

そして僕は

「販促物」はお客様の行動を促す
「コミュニケーションツール」である!

というタイトルで、
「販売促進」について語らせていただきます。

今回、僕自身がとても楽しみにしていることは、

「普段話せない事例が話せる」
ということなのです。

ありがたいことに「セミナー」のご依頼は数多く
いただいてまいりました。

本当に感謝です。

そして「ご依頼」いただくわけですから、
開催テーマの意向に沿いつつ、
参加いただくお客さまに喜んでいただくことはもちろん、
「主催者さま」の利益も意識したセミナー構成を優先します。
まぁ、当たり前ですよね。

ですから、「自身が話したい事例」よりも
「話す必然性のある事例」を選ぶことになります。

ですが、今回は僕も「主催者側」となります。

「お客さまに喜んでもらう」の第一優先は変わりませんが、
「事例は自由にチョイスできる」のです!!

そういうわけで、

これまで話したことのない事例が盛り込めるのです。

けっこうテンション上がります(笑)

少し具体的に言いますと「公共の電波」を使った
コマーシャルでの成功事例も話したいと思います。

ほんの少し表現を変えただけで
「劇的に」レスポンスが変わった事例です。

きっとみなさまの記憶にあるCMです。

今回初公開いたします!!

きっと「キャッチコピー」などを考えなければいけない方には
とても参考になる事例であると自負しています!
販促物は「コミュニケーションツール」

いかに「相手に寄り添うか」が大切な考え方です。

 

セミナーではそこを中心に話します!

セミナー詳細が分かるリンクはコチラ
「売り込まない」のに
「売れていく」ヒント満載セミナー

ぜひお越しください!!

 

秋に入り、やっとまとまった時間をとって
出版のためのコンテンツの整理や文章化の作業が
出来るようになりました。

少しでもビジネスの最前線でがんばっている人たちの
役に立てるように僕も頑張りたいと思います!!

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!!!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*