成果が出るのは「チャレンジできる」環境のおかげなのです

カテゴリー:
タグ: ,

昨日、約半年(正確には7カ月)

通わせていただいた、企業さま向け研修の

最終講を行わせていただきました。

振り返ると「あっ」という間でした・・・

 

こんにちは田中みのるです。

 

ひと月に一回のペース

昨年10月をスタートとし、
基本的にひと月に一回のペースで
訪問させていただきました。

毎回テーマを決めて、
セミナー形式の座学の回や
ワーク中心のディスカッション、
実際に販促物製作に直結する
ワークシートの記入・提出・添削。。。

研修風景 ライズマーケティングオフィス

グループワークはいつも盛り上がります

受講いただいた40名強の皆様は、
普段のお仕事もある中で
課題提出などもあり大変だったと思います。

レベルアップに合わせ内容も上方修正

半年用のカリキュラムで
毎回の講義を進めていましたところ、
受講生様方から、

「教わりたいテーマ」のリクエストが
徐々に入り始めました。

後の講義回に予定していたものが
ほとんどでしたが、
講義時間の配分に参考になりました。

何より、

受講生様方からオーダーいただく
「聞きたい事」への前向きな行動は
講師冥利に尽きます。

嬉しかったです。
(準備に、より時間はかかりましたが・苦笑)

 

最後の3回は超カスタマイズ

研修内容は事前に
企業様との打ち合わせを経て、
その企業様での研修内容を作成し、
進めていきます。(当たり前ですね)

今回、研修をご依頼くださった
経営幹部の方との中間打ち合わせで、

「みんな喜んでます。
もし研修内容を修正できるなら、
学びたがっていることを教えてあげてください!」

ステキな方だな~。

そう思いました。

企業って、経営陣だけがアツくても、
現場だけがアツくてもダメなんですよね。

 

最終日、少し時間を下さい!

スケジュール調整をしてくださる
ご担当者様から、最終講の最後に
20分ほど「事例発表」の時間が欲しいと言われました。

もちろんOKしまして・・・

その事例発表が「成果発表」だったのです。

詳しくは書けませんが、

その企業さまで最近停滞していた
広告効果検証の「数値」が好転したのです。

2.5倍ほどの成果発表もありました。

発表者の方々が口々に、

「研修を参考にして」

とか、

「学んだコピーの組み方をパクって」

とか・・・

嬉しいじゃありませんか。

ナミダ出そうでした。。。(≧ε≦。)

お前らの責任くらいとってやる

そんな成果発表の場で、ある発表者が

「そこに座っている上司が、

『お前らの責任くらいとってやるから

好きなようにやってみろ』

と言ってくれたんでチャレンジしました」

 

・・・いや、感動。

 

やっと成果が出始めました!!

仕切っていた司会者役の方が、最後に、

「やっと成果が出始めました!!」

と、おっしゃった。

・・・いやいや。早いですよ!!

ってか、フツーそんなにすぐに
結果につながるもんじゃないんですよ・・・。

盛り上がってくださっているのに
水を差したくないですから、
言いませんでしたけどね。(笑)

 

なぜ成果が出始めたか・・・?

それは、

「やってみたから」です。

これに尽きます。

40人を越える受講生の皆さまが
それぞれ「やってみた」から
成果につながったのです。

そして、

「やってみろ」って背中を押してくれる
上司が寄り添ってくれるから
成果につながったのです。

 

ホテルに帰り、

経営幹部の方から
「時間がとれませんのでお手紙で・・・」
と、渡された手紙を読みました。
同席はなさっていませんでしたが、
きょうの「発表内容」と
この半年の研修そのものを喜んでおられる内容でした。
いい会社はいい人材が集まり、
その人材にちゃんと磨きをかけていく。。。

企業研修

こちらのモチベーションまで上がります!

こちらの企業様ぜったい伸びていくな。

そう感じた瞬間でした。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中 みのる
ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*