「善意のスペース」を作ると「もったいない」が少し減る。かもしれない・・・

カテゴリー:
タグ: ,

「善意の網棚」とか電車内に作ったら

駅のゴミ箱に捨てられる「雑誌」が減るかもしれません。

暗黙のシェア?

昔、むかし、「電車の網棚」って
スポーツ紙や週刊誌が、

「もう読んだからどなたかどうぞ。」

的に「放置」されている事が多かった気がします。

そして当時の「おっちゃんたち」は
当たり前のように回し読みしていたような気がします。

なんとなく「持ち去らず」にそこに残していくのがルール。
みたいな。。。

僕は当時、南海本線+地下鉄御堂筋線を
多用していました。

地域性だったらごめんなさい。(汗)

ま、けっこうおおらかな時代でしたね。
いろいろと。(笑)

最近は電車内で新聞を読む人はほとんどいなくなったし、
週刊誌も少なくなった気がします。

みんな「スマホ」の画面にくぎ付け。。。(^^;)

ちょっと怖い風景でもあります。

善意の本棚

大阪モノレール駅、「大阪空港」駅には

構内に「図書館」的な「貸出本棚」があります。
(多分今でもあるはずです)

僕は借りたことはありませんが、
特に係員がいるわけではなく、
当然司書さんもいるはずもなく、

「貸出記録帳」くらいはあったかな??

とにかく「善意で維持されている」スペースだったと思います。

そして、見るたびに「本が増えていた」気がします。

なんかいいなぁ。って思うのです。

もちろん図書館ほどの蔵書数は望めませんが、
善意で「本」が準備され、
荒れることなく貸し借りがされて、
きっと「自分が好きだった本」を寄付したり・・・

温かいスペースに感じました。

善意の傘

多くの地域が梅雨に突入しました。

駅やホテルに「貸出し」用の傘が時折見られます。

あれ、助かりますよね。

そして「ちゃんと返そう」って思う。

今朝、昨日買ったビニール傘が邪魔になるほどの快晴。

ホテルを出るときに傘立てに「寄付」してきました。(^^)

知らない人同士が「善意でつながる」そんな場所が増えたらいいなぁ。

なんて思うのです。

【今日のポイント】
→ 「狭い世界のリサイクル」があってもいい
→ 「善意のスペース」は使わなくてもほっとする
→ 「誰かが喜んでくれるかもしれない」に関わる満足感

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*