「粗削り感」が良い方向に作用することもあるはず。

年のせいか「たくさん」食べられなくなってきています。。。

でも痩せないのはなんでだろう(^^;)

ネパール料理

今日のお昼ご飯は「ダルバート」
簡単に言うと「ネパールカレー」です。

Manakamana

ネパール&インド料理のManakamana(マナカマナ)さん

ふた月に一回くらいは食べに行ってると思います。

大体いつも「ネパールランチ」を食べています。

ネパールランチ

こんな感じ。

食べ方は人それぞれで良いのでしょうが、
一応、「セオリー」はあるようです。

そのセオリーは・・・

「全部混ぜちゃう」でした。

ネパールランチ

こんな感じ。

「見た目」は美しいとは言えませんが、美味しいです。

完食!!

ネパールランチ

ダルバートの「ダル」は豆のこと。
「バート」はごはん。

ネパールでは基本的な食事。

イメージは「みそ汁」と「ごはん」って感じだそうです。
(少し日本語ができる店員さん・談)

通うごとに辛さを求めるようになり、
僕は辛さを最大にしてもらっています。(^^)

日本語は得意ではありません

お客様とのちょっとしたやり取りを見ていても、
日本語は得意なようではありません。

店内のスタッフ同士の会話もネパール語(?)のようです。

時々日本人(と思うのですが)のスタッフさんがレジにいる場合もありますが、
店員はほとんどネパールの方々のようです。

でも、困らないのは、

メニューなどは全部日本語だから。

「指をさせば」どうにかなります。(笑)

さらに、POPなどを活用した「食べ方」の説明もある。

ネパールランチPOP

良く分かりますよね!!

「ネパール語」の原案を感じる

このPOP、たぶん、最初から日本人が作ったんじゃないと思います。

「原案」はネパールの方が書いて、
それを日本語に訳したんだと思うんです。

なぜなら、一番最後に

「手食される方にはフィンガーボウルをご用意します」

の一文が入っている。

多くの日本人は「手食」の習慣はありません。
そしてここは日本です。

きっと「日本人的思考」だと
「この一文の表記」にたどり着かないと思うのです。


ネパールから来て、日本で店を開く・・・。

「自分の料理を日本のみんなに食べてもらいたい」

そのために「食べ方」を丁寧に説明しようとPOPを作る。
その丁寧な説明には「自分たちのあたりまえを元に」書いていった。

だから「手食」に触れているんだと思います。

そしてきっとネパール語の堪能な日本の友人が「そのまま」翻訳した。

だから「手食」の表記が残った。と。

僕は「そこ」がいいと思う。

なんとなく「ネパール」の本場の空気感が感じられるから。

「ちょっとこなれちゃった、広告マン」だったら
「手食」の表記を削る提案をしてしまったかもしれません。。。

「広告」として洗練されたものより、
「粗削り感」が残っているほうが
いい方向に作用することもあるんですよね!

日本語しかできなくても「インバウンド対応」はできる

2020年東京オリンピックに向けて
インバウンド需要は高まっていくという市場予測が出ています。

「ウチは対応できない・・・」

なんて言わずに、サービス業なら
「どんどん多言語で発信」してみればいいと思います。

無料ツールでも普通に「翻訳」できます。

海外サイトなどを「日本語翻訳」すると多少「おかしな」コトになってますが(^^;)
「大体言いたいこと」は分かりますよね。(笑)

「それくらい」でも十分なんじゃないでしょうか?

「コミュニケーションを取ろうとしている」ことが伝われば、

それを発信していない店に比べれば「選ばれる可能性」は大きくなるから。

そしてその一生懸命な「粗削り感」が好感されるかもしれない。

翻訳後にも「お客さまへの思い」は案外残るものだと思います。

今日はかわいいスタッフさんが手伝いに来ていました。

店に入って、おしぼりを持ってきてくれたのは
かわいらしいウェイトレスさん。

ちっちゃな声で「ナマステ」って言ってくれました。

僕は日本語で、ごちそうさまでした。美味しかったです!

と言いました。

間違いなく伝わった。(*^▽^*)

今日も最後までお読みいただきありがとうございました

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*