「なんでも相談に乗る」のではなくて「どんな相談に乗りたいか」がココロに刺さる

カテゴリー:
タグ: ,

今朝はとっても早起きをしました。

本日3件の予定がみっちりです。

少し時計を気にしながらの行動になりそうです。


目に入った看板

先週岡山で見かけた看板

となりのトトロ

というか黒板。

あの有名な「トトロ」をチョークで書いていた。

写真では分かりづらいですが、かなりの完成度でした。

そして、その横に、、、

サツキとメイの家

「例の家」(笑)

思わず間取りを見てしまいました

サツキとメイの家 間取り

アニメの場面をいろいろ思い出します。

備考には・・・

トトロ 家 借家

管理人さんはあのおばあさんを想定しているのでしょうか?(-^〇^-)

不動産屋さんの壁にありました

ある種、足を止める「看板」としては面白いものでした。

が、「面白い」だけで終わるのはもったいないですね。

アニメの世界観の紹介で終わってしまってました。

そこから「実際」のお仕事につなげる努力が必要だと思います。

例えば、

「古民家」を探している人への情報

とか、

「空き家対策」としての借家募集

とか、

「空気のいい田舎暮らし」の良さ

とか。

「お部屋探し」をする理由は様々ですよね、

不動産屋さんはその相談に乗ってくれる場所。

「中に入る前」に外で「物件」の例を見せてくれている
不動産屋さんはたくさんありますね。

「見本」がたくさんあるのも良いコトですが、

そのお店が「おうち探し」で大切にしている「思い」
などを発信してくださると、「相談」しやすくなりますよね。

仮に
「大学生活のお子様の人り暮らしのアドバイスが得意です!」
とか書くと、
親御さんのココロに刺さりますよね。

それを、、、

「なんでも相談に乗ります」

なんてて言っちゃうと、「どこにでもある表現」になっちゃいます。

「なんでも相談に乗る」のではなくて「どんな相談に乗りたいか」が
ターゲットに刺さる表現につながるのです。

「自分の得意なコト」や「大切にしている思い」
を発信することが出来たら、その発信に共感した人が
集まりやすくなります。

「お客様をていねいに導く」ことにもつながるのです。

広告を考える時、ぶつ切りの販売シナリオになっていないか
チェックしてみてくださいね!

ちなみに映画のままを再現した「サツキとメイの家」は
愛知県、愛地球博記念公園 モリコロパークに建ってます。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*