シンプルなコピーほど難しいですね。。。「一行コピー」の書き方のヒント

カテゴリー:
タグ: ,

東北から帰ってきました!

全国各地、
天気予報の雨マークが気になりましたが

奇跡的に傘を使わずの行動が続いてます。

こんにちわ 田中みのるです

 

ハロウィンとクリスマスの間に・・・

今日は11月の第3週目の木曜日。

割と有名になった

「ボジョレーヌーボー」の解禁日です。

ここでマメ知識も必要ないかもしれませんが、

「フランスのボジョレーって場所の新酒のワイン」

です。

日付変更線の関係で、世界で一番最初に解禁されるのが
日本でして、世界で販売されるボジョレーの約半分が
この日本で消費されるらしいっす。

解禁日当日にならないと絶対に売ってくれません。

ボジョレー前日解禁前

ディスプレイは済んでるんですけどね・・・( ´△`)

一種の「お祭り」ですよね。

うん。それでいいんだと思います。(^^)

 

今年の「ボジョレー」キャッチコピー

毎年、ボジョレーヌーボーには

「キャッチコピー」がつきます。

今年は

「記憶に残る素晴らしい出来栄え」
 by ボジョレーワイン委員会

 

とのこと。

「へぇー!いい出来なんだね!!」

って思います。

そして、買ってきました!!

2015 ボジョレー

記憶に残る素晴らしい出来栄え。とのこと。

 

じゃあ、これまでの一行コピーは??

というと、

 

昨年は・・・「エレガントで味わい深く、とてもバランスがよい」

2013年・・・「繊細でしっかりとした骨格。美しく複雑なアロマ」

2012年・・・「心地よく、偉大な繊細さと複雑味のある香りを持ち合わせた」

2011年・・・「3年連続で、偉大な品質となった」

2010年・・・「果実味豊かで、滑らかでバランスの取れた」




(-。 -; )

うん。そーいうもんでしょうね。

 

一行コピーと言えば

電車の中吊りでも良く見かける、
週刊誌「アエラ」の世相を反映する1行コピー

過去の名作(迷作)には

『1個3万円、たまげっち』

『懐が寒ぶっ、プライム』

『冷凍しちゃ、あかん福』

『マック、どうなるど?』

『ギリシャ借金、返せるアテネ~』

ダジャレ感も含め、

うまいな~ って思います。(笑)

なんか、背景の事件や出来事も
思い出されますよね。

これを考えるのは、

歴代のアエラ副編集長の仕事なんですって。

 

テレビでたまたま見かけた
アエラの (元?)副編集長が

以前「没」になった「ネタ」を披露してました。

「浅田真央ちゃんのトリプルアクセル」を
テーマのひとつにした号での
没コピーが・・・

『跳んでまお。』

・・・おもろいやん!!

採用されたコピーは忘れましたが
こっちのほうが面白く感じました。

TVでもそんな評価でした。

アエラ一行コピー

「採用されたほうのコピー」は忘れました。(笑)

 

一行コピーの作り方(アエラ方式)

さらに「コピー」の作り方もTVで紹介していました。

 

「テキヤ」の法則 だそうです

テ・・・テーマを決める

キ・・・キーワードを出す

ヤ・・・ヤキを入れる(コピーを練る・推敲する)

 

これ、良いヒントになると思います!!

いつも「同じ」切り口だと
ボジョレーのようなコピーになっちゃいますもんね・・・

 

今日も最後まで読んで下さりありがとうございました!!!

ライズマーケティングオフィス㈱
田中みのる

田中みのるのTwitterもよろしくっす
twitter.com/minorurise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*