涙の止まらんめっちゃええ会議。

カテゴリー:
タグ: , ,

とある会社、とある定例会議でのこと

この会社は約60店舗、スタッフはほとんど女性。

今回は「春のDM」の効果検証の会議。

集まったスタッフは「バイザー」と呼ばれる
店舗販促リーダー。

バイザーは
ひとりが6~8店舗を担当しており、
売り上げの全責任を負っています。
またスタッフの指導を含め店舗の人間関係の
潤滑材役でもあります。

だからスタッフの愚痴も聞くし、
売り上げアップのためPOPなども作るし、
忙しい時には、実際に店舗に入り
接客も含め業務の補助もします。

時には「クレーム対応」のためお客様のところに
謝罪に走ったりもします。

その定例バイザー会議。

いつものように、それぞれがまとめた
資料を手にして、

緊張した面持ちで 「口の字」 に座り、
「問題解決」のために集まっていました。
定例バイザー会議
t02200165_0480036011914973143
※画像は加工しています(笑)

少しさかのぼってお話しさせていただきますね。

実は前回の定例会議にも出席させていただきました。

前回の定例会議は
「春のDMの作成」についてでした。

みんなでゼロから作りあげました。

なぜなら、
それまでのDMの効果に疑問があったから。

きっかけは

「店舗スタッフがDM(販促物)に思い入れがない。」

というひとことでした・・・。

突き詰めていくと、
自分たちも「販促への責任感」はあるけど

「DMそのものへの思い入れ」は薄かった。

だから、
ゼロから作りあげることを提案しました。
ホントに「ゼロ」から。
鉛筆のラフ書きからはじめました。(笑)

何度も何度も作り直し、
やっと出来上がった「春のDM」
はっきり言って「入魂」のDMでした。
差し出され、効果を願う、
4月、最初の週。
天候も左右される業種なので、
初日、朝、僕はお日様に手を合わせましたわ。(笑)
(あとで聞いた話ですが、バイザー部長も手を合わせてたそうな)

結果は・・・

大成功!!!!!!!!

社長や一部のスタッフから、
集客の成功を伺わせる感想が聞こえてきていました。

すっごく嬉しかった。

と、同時に「あたりまえやん」とも思いました。
だって、「自分たち」で作ったDM、
出来栄えどうこうより、
「問題」だった、「思い入れ」満載です。(笑)
だから、店舗への事前根回しの深さが違う。

で、それを受けての今回の会議。

さぞやみなさま、ニコニコ顔で集まってくると思いきや・・・
いつもの冒頭の硬い空気感。。。

会議 = 次の問題解決

って思いこんでるんですね~~~~。

で、今回、

「うまくいった理由の発表会議」

を提案したんです。
最初みんな戸惑ってましたが、

「たまには 『うまくいった』
ことだけをテーマに話し合ってみましょうよ。
『成功例』から学ぶことも大事っすよ~~~」

ってやってみたんです。

最初に発言したのは
いつも控えめにしか発言しないバイザーさん。

「 ○○さんが手伝ってくれたおかげなんです!!!」

いつになく力強い語気だった。
自然に彼女に視線が集中しました。

彼女は、言いました。

DMの成功とともに、
予定以上に担当店舗が忙しくなった。

店舗スタッフは文句も言わず激務に向き合ってくれる。
少しでも激務の緩和にと自分がサポートしても
他の担当店舗も同時に忙しい。
それに、忙しいのは自分だけじゃない。

どうしていいか分からなくなっていた時、
自分も忙しいのに
他のバイザーが時間を割いて
手伝ってくれたことに心底感謝している。

と。

涙を浮かべながら「せき」を切ったように
感謝の意をしゃべり続けました。
はい。止まりませんでした。

これまで素直に「お願いごと」ができなかった反省に触れ
しまいにはさかのぼって言えなかったたくさんの「感謝」の気持ち。
もらい泣きが他のバイザー達に伝染しはじめて・・・

いままた、思い出して、僕はナミダが出てきました。(苦笑)

ひとりひとり発表していくのですが、
ずっとそんな調子で・・・

どこからともなく出てきた
涙拭いたり鼻をかんだりする
BOXティッシュが3つテーブルを行き来して。(笑)

僕は出張カバンからタオル出してました。
ずっと泣いていたら、アタマ痛くなって、
頭痛薬いただきました(笑)

問題解決も大事ですよ。もちろん。

でも、たまには
「うまくいったこと」に焦点を合わせ、
お互いをちゃんとたたえ合う。

そんな会議もいいよね。

あ、師匠の藤村先生が言ってたな。

「マーケティングの極意の一つは

『今ある問題点を取るに足らないモノにすること』

なんだよ。」

って。

どんな問題点もかすむ会議でした。

みのる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*