「環境ビジネス」に詳しい訳ではありませんが業界誌に掲載されました。

こんにちは 田中みのるです。

題名のとおり、

「環境ビジネス」に特に詳しい訳ではありませんが、
「環境ビジネス 特別号」に記事を掲載していただきました。

ZEH,ゼロエネルギー住宅

しかもテーマは「ZEH」

???

ご存じない方も多いのでは?
実は最近まで僕も知りませんでした。

あ、読み方は「ゼッチ」です。

「ゼロエネルギー住宅」の事です。

「省エネ」+「創エネ」(太陽光発電とか)で
年間のエネルギー消費料がだいたいゼロになる住宅のことです。

そこに僕が何を書いたかというと・・・

ZEHの売り方,ゼロエネルギー住宅の販促

「買い手目線」による「販売促進」のアイデアを
寄稿させていただきました。

・・・そりゃそうですよね。僕の仕事柄(笑)

でもね、ホントに「買い手目線」や「生活者目線」って大事ですよ!

それしか考えなくてもいいくらい。

 

だって「ZEH」って言われても分かんない人がほとんど。

「ゼロエネルギー住宅」って言われて、
やっと何となく分かってくるカンジ。

「分かった」からと言って「売れる」わけではないので、
結果的に「売れる」ために、どう「欲しく」なってもらうか。

そこを丁寧にまとめさせてもらいましたところ、
倍ほど指定文字数をオーバーしましたがページ数を増やして
掲載していただきました。
編集のみなさまありがとうございます(^^;)

今回もつくづく感じました。

「売れる」だけをゴールにすると「売れない」結果が見えてくる。

「知って欲しい」や「伝えたい」という中間目標の先に「選ばれる」という
本当のゴールが現れる。

 

選ぶのはお客さま。

「選んでもらう」ためにどうすればいいのか?
それを考えるのが「販売促進」に絶対必要な視点なんですよね。

「おうち」という高い買い物、
「住む人」の欲しいものを考える。

きっと「毎日笑顔の絶えない暮らし」がみんな欲しい。
それが手に入るかも?って感じたら、
「よく分からないもの」でも「知ろう」とします。

自力で「知った」ものって「価値あるもの」に感じますよね。
「選ばれる」にぐっと近づいていく・・・。

もしかしたら「よく分からない」もののほうが、
「分かったつもり」のものよりも、売れやすい時代なのかも??

うーん。禅問答みたいになっていきそう・・・(汗)

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*