【5月29日 東京】クリエイティブ・ディレクション基礎講座

creative_direction_2_03

我流への不安が払拭され、即実践に活かせる制作物のノウハウ

思ったような案がデザイナーから上がって来ず、修正を繰り返し、校了間際になって妥協する。または前 回制作した制作物の微修正や、競合が制作した制作物のまねをしてしのぐ。こうような状況から脱却し、 読み手に響くメッセージは何か、それをどうデザイナーに伝えれば思い通りの表現に仕上がるのかを理 解するためのカリキュラムです。

 

【5月30日 東京】販促物のレスポンスを獲得するための1日集中セミナー(大阪,福岡,札幌,金沢,広島,仙台 同時中継)

販促物のレスポンス率を高める仕組みを紐解き、「効果的な販促物」を作るためのノウハウを学びます

価値が伝わっていなければ、
商品・サービスは「存在しない」のと同じ。

レスポンス広告の制作は、体系だった手法を学んだことがない方が、仕事の成り行きで担当するケースがよく見られます。しかし、レスポンス広告はコストや完成した物のクオリティ、成果について厳しく問われます。そのため、制作担当者は、そのレスポンス広告がなぜ効果があるのか社内に説明できる根拠を持たなければいけません。

その際、パッケージを変えたり、商品の中身自体をアレンジしたり、さまざまなアイデアが出たとしても、商品に手を加えることは他部署からの反発もあり、なかなか実現は難しいといえます。レスポンス広告だけで成果をあげられるように、施策、手法を考えなければなりません。

これらの状況から、制作者が学ぶべきことは、自信を持ってレスポンス広告の制作をディレクションできるノウハウです。なぜ、このコピーなのか、なぜ、このビジュアルなのか、なぜ、この手法なのか、発注先、社内に成果に基づいて説明できるスキルが必要とされています。費用対効果が高いのかを見極めなければなりません。

そこで、宣伝会議では、レスポンス広告制作に悩む企業の担当者のために、レスポンス広告の制作ディレクションのノウハウを学ぶ1日集中講座を開催いたします。コピーやレイアウトを変えただけで売り上げを伸ばした事例も多数紹介。翌日からすぐに活かせるスキルを身につけます。

 

【6月22日 名古屋】クリエイティブ・ディレクション基礎講座

creative_direction_2_03

我流への不安が払拭され、即実践に活かせる制作物のノウハウ

思ったような案がデザイナーから上がって来ず、修正を繰り返し、校了間際になって妥協する。または前 回制作した制作物の微修正や、競合が制作した制作物のまねをしてしのぐ。こうような状況から脱却し、 読み手に響くメッセージは何か、それをどうデザイナーに伝えれば思い通りの表現に仕上がるのかを理 解するためのカリキュラムです。

 

お問い合わせ案内 今日は何の日へのリンク