会社設立時の想い

prologue

僕、2010年3月に「郵政」を退職いたしました。
ご存じなかった方、ご挨拶出来ずにごめんなさい。
 
さて、「退職」の理由ですが・・・カンタンに言うと、
「僕の場所」がなくなったからです。

あ、イジメとかそんなんではないですよ!!(笑)
 
むしろ、みなさん、特殊な働きをする僕を気づかい、
サポートしてくださいました。

僕から「場所」を奪ったのは、「組織」です。
 
具体的に言うと、僕の「仕事」をコントロール(マネジメント)してくれていた
「部署」そのものがなくなったのです。
 
2009年9月末の事でした。その頃僕は、日本中を飛び回っていました。
働く仲間のモチベーションアップセミナーと、企業様向け販促セミナーの講師業が
僕の仕事でした。

ほぼ毎日出張し、
交通費や宿泊費の建て替えがけっこう大変でした。
それでも充実していました。

そこに部署の消滅。。。正直、キツかったっす。

けれども、僕の手帳には年度末まで、
大切なお客さまや仲間たちからの講演依頼が
予定として書き込まれていました。

新しい年度に変わると、約4年間、「セミナー」で積み上げてきたものは
「なかったこと」になります。
でもキャリアアップは見込めます。サラリーマンにとっては悪くない話です。

平成元年(1989年)10月1日に採用され、 働き始めて21年。
年齢的にも40歳目前。「折り返し」です。

振り返ると、配達員の時も、窓口に座っていた時も、営業をしていた時も、
ずっと「お客様」の前に立っていました。お客様と一緒にいました。
だいすきな仕事は「それ」でした。 
なんか、いろいろとアタマがぐちゃぐちゃになりそうでした。
そして、「退職」を決意しました。10月1日、退職願いを提出しました。
ありがたい事に、たくさんの慰留をいただきました。

心から感謝しています。

辞意を表明してから、3月31日までの半年、
それまでとまったく同じように働かせてもらいました。
もったいなくって、休みをとれませんでした。
また、辞めてからの準備は何もできませんでした。というか、したくなかった。
辞めることは決めたけど、辞めたいわけではなかったから。

今でも「郵政」は大好きです。

2010年4月末、マーケティングコンサルタントとして独立。
「ライズマーケティングオフィス」を設立しました。
 
今、僕は「だいすきな仕事」をしています。

お問い合わせ案内 今日は何の日へのリンク