メールマガジン

mail magazine

田中みのるが日々全国を飛び回りながら気づいたこと、不思議に思ったことなどを毎日配信中!!
受信してくださっている読者の方参加型のメールマガジンとなっています。
日々の疑問や最新情報、ちょっとホッとする昔話など情報満載でお届け中。
購読はもちろん無料です!!ぜひご登録ください!

メルマガ登録(無料)& 解除
【今日は何の日】
読者登録←メールマガジンを受け取る時はこちら
解 除 ←もう読まない時はこちら
メールアドレス
お名前
ひとこと欄  
メールアドレスを入力して、ボタンを押してください。

メールアドレスの変更
【今日は何の日】

メールマガジンの配信先を変更できます。
旧メールアドレス
新メールアドレス
メールアドレスを入力して、ボタンを押してください。




メールマガジンサンプル

┌─────────────────────────
│ ■ 明日のための雑学
└─────────────────────────
 
≪ 姉 ≫
 
 書き言葉として学問の世界で諸学兄、諸学姉
 という呼び方で学問の上での同僚、
 後輩の女性に敬意を表す表現があるが、
 学姉は学兄のようには頻繁に用いられない傾向が強い。
 また、著者などが読者に対し敬意を表して
 読者諸兄姉という呼びかけも散見される。

 
┌─────────────────────────
│ ■ なぞかけ
│      脳ミソの活性化に!!
│      みなさんにも考えてほしいから、
│      「そのココロ」はブログへ♪
└─────────────────────────
  
明日は「姉の日」
 
 
姉 と、かけまして、
  
座談会の司会者 と、ときます  
 
そのココロは
 
 ・
 ・
 ・
 
http://ameblo.jp/163cm55kg/entry-11718045533.html
    (ブログの【明日はこんな日】12月6日)  
 
     
┌─────────────────────────
│ ■ 幸運を引き寄せる。アドバイス付き星占い
└─────────────────────────
 
順位 星座 ・アドバイス 愛情運 健康運 金運 
   
1 乙女座 ・ 何ごとも結論を急がず、冷静に待ちましょう ◎ ○ ◎
2 天秤座 ・ 人との議論に大いに盛り上がりましょう ◎ ◎ ◎
3 水瓶座 ・ 結果はすぐにはでません。気長に、気楽に ◎ ○ ◎
4 双子座 ・ じっくりと語り合う機会ができます。上手に利用して ◎ ○ ○
5 蟹座 ・ 人生だって結局は瞬間の積み重ね ○ ○ ○
6 山羊座 ・ 目標は出来るところから立ててください ○ △ ◎
7 牡牛座 ・ マナーを守らないと反発を買います ○ ◎ △
8 蠍座 ・ 思う人に思われず、思わぬ人に思われそうです ○ △ ○
9 射手座 ・ 気遣いに振り回されないように △ ○ △
10 獅子座 ・ あまり仕事が多すぎると、あとで体調を壊します △ △ ○
11 魚座 ・ 事件やハプニングに振り回されるかもしれません △ ◎ △
12 牡羊座 ・ 他人の茶飲み話のネタや酒の肴にされそう △ △ △
  
 
┌─────────────────────────
│ ■ 血液型占い 一時間に一回運が高まるって嬉しい!
└─────────────────────────
 
血液型 性別 ・・・ 基本運 ラッキーを呼ぶ「毎時分」
  
A型 男性 ・・・ 凄吉 8 分
A型 女性 ・・・ 激吉 13 分
B型 男性 ・・・ 弩吉 11 分
B型 女性 ・・・ 爆吉 29 分
AB型 男性 ・・・ 巨吉 45 分
AB型 女性 ・・・ 驚吉 26 分
O型 男性 ・・・ 極吉 1 分
O型 女性 ・・・ 超吉 4 分
 
  
┌─────────────────────────
│ ■ 今日も明日も明後日も、心が軽やかになりますように!
└─────────────────────────
 
 無理に売るな。
 客の好むものも売るな。
 客のためになるものを売れ。
 
 (松下幸之助)
  
 (名言集より) 
  
                   
┌─────────────────────────
│ ■ むかしばなし
│         アタマの切り替えに最適。
│         お子様への読み聞かせにもいいですよ♪
└─────────────────────────
   
 ≪ ウサギと太郎 ≫ 
   
 むかーしむかしのおはなしです。
 
 ささ山とよばれる山に、おじいさんと孫の太郎が住んでいました。
 このささ山には、尻尾が長くて大きなウサギがいます。
 
 ある日、山へ出かけるおじいさんが太郎に言いました。

      「夕方には帰ってくる来るから、おかゆをつくって待っててくれ」

   「うん、わかった」
 
 太郎はおじいさんを見送ると、おかゆを作るなべを洗い始めました。
 するとその音に気づいたウサギが、

 「おや? なべを洗っているのか。
   という事は、今から飯を作るんだな。
    よしよし、飯が出来上がるまで、ひと眠りだ」
 
 と、横になって昼寝をはじめました。
 
 さて、夕方になるとおかゆも出来あがり、いいにおいがしてきました。
 ウサギは飛びおきると、太郎の家へ行って言いました。

 「太郎、何をしているんだ?」

   「ああ、おかゆをつくっているんだよ」

 「おかゆ? うまいんか、そのおかゆってのは?」

   「そりゃあ、うまいよ」

 「なら、ちょっと食わせてくれや」

   「だめだめ、そんな事をしたら、じいさまに怒られる」

 「なあ、ちょびっとだ、ほんのちょびっとだけだ。
   おら、おかゆってのを食ってみてえよ」
 
 ウサギがあんまりしつこいので、太郎はしかたなく
 なべをウサギに渡しました。

   「じゃあ、ほんのちょびっとだぞ」
 
 するとウサギは、うれしそうにおかゆを食べ始め、

 「あち、あち、あちいがうまい、いやあ、うまい! 
   じつにうまい! ほんとうにうまい! ああ、うまかった。
    じゃあ、さいなら」
 
 と、ウサギはなべを返すと、あっという間に山へ帰ってしまいました。
 太郎がなべの中を見ると、なんと空っぽです。
 
 こうしてウサギは太郎をだまして、おかゆをみんな食べてしまいました。
 
 おじいさんが山から帰って来ると、
 太郎はなべをかかえてションボリしています。

     「太郎、おめえ、なべをかかえて何をしてるだ?」

   「あっ、じいさま。実は、ウサギにおかゆを全部食われちまっただ」

     「なんと・・・」
 
 これには、おじいさんもガッカリです。
 
 翌朝、おじいさんは山へ出かける前に、太郎に言いました。

     「太郎、今日はウサギに、おかゆを食われるでねえぞ」

   「うん、大丈夫だ」
 
 太郎ははりきって、おかゆを作りはじめました。
 そしてタ方になると、またウサギがやって来ました。

   「あっ、お前の昨日の! やい、お前に食わすおかゆはないぞ! 
     とっとと帰れ!」
 
 するとウサギは、まじめな顔をして言いました。

 「太郎! そんな事を言ってる場合じゃないぞ! 
   お前のじいさまが、山で倒れたんだ!」

   「えっ! 本当か!? そりゃあ大変だ!」
 
 太郎はあわてて、山ヘ走って行きました。
 するとその後ろ姿を見送りながら、ウサギはニンマリです。

 「ウッヒヒヒヒ、うまくいったぞ」
 
   「じいさま、待っていろよ!」
 
 太郎が山を登って行くと、ちょうどおじいさんが
 山からおりて来るところでした。

     「これ太郎。そんなにあわてて、どこへ行くんじゃ?」
 
 元気なおじいさんを見た太郎は、自分がだまされた事に気づきました。

   「しまった!」
  
 おじいさんと太郎が大急ぎで家に戻ってみると、
 おかゆのなべが空っぽになっていました。
 またウサギに晩ご飯を食べられてしまった二人は、
 お腹が空いたままふとんにもぐり込みました。
 
 そしてまた次の日、太郎がおかゆをつくっていると、

 「太郎さん」
 
 と、またウサギがやって来ました。

   「また来たなっ! もうかんべんならねえ、ウサギ汁にしてやる!」
 
 人の良い太郎も、さすがに怖い顔です。
 するとウサギは、ペコペコと頭を下げて言いました。

 「まっ、待ってください。今日は、あやまりに来たんです。
   本当に、すまん事です」
 
 そんなウサギを見て、やさしい太郎はウサギを許してやりました。

   「よし、許してやるから、とっとと山へ帰れ」

 「いや、それではおらの気がすまねえ。じいさまに、これをやってくれ。
   これは不老長寿(ふろうちょうじゅ)の薬じゃ」
 
 ウサギはそう言うと、竹の水筒を太郎に渡しました。

   「ふろうちょうじゅって?」
 
 首をかしげる太郎に、ウサギは言いました。

 「お前、じいさまに長生きしてほしいだろ。
   これは、長生きの薬なんじゃ」

   「本当か?」

 「もちろんだ。でもこの薬は、すぐになべで煮ないとだめなんだ」

   「なべ? お前、うまい事を言って、
     またおかゆを食うつもりじゃろ?!」

 「何を言っているんだ。
   太郎、お前はじいさまに長生きしてほしくねえのか?」

   「そりゃあ、長生きしてほしいが」

 「そうだろう。さあ、おらがなべを空っぽにしてやるから、
   早くその薬を煮込むんだ」
 
 そう言うとウサギは、またまたおかゆをたいらげてしまいました。
 
 やがておじいさんが山から帰って来ると、
 太郎はうれしそうに不老長寿の薬の事を話して、
 さっそくなべで煮た薬をおじいさんに差し出しました。

   「さあ、じいさま。これ飲んで長生きしてくれ」

     「ああ、だが、変な色合いじゃのう。それに、においも少々」
 
 おじいさんは首をかしげながら、一口飲んでみました。
 そして目を白黒させると、おじいさんは飲み込んだ物をはき出しました。

     「うえ~っ! なんじゃ、こりゃあ! 
       これは、ウサギのしょんべんでねえか!」
 
 怒ったおじいさんは、太郎に言いました。

     「太郎! まきを切るナタを持って来い! 
       今からウサギを、ひどい目にあわせてやる!」
 
 山では、おかゆをお腹いっぱい食べたウサギが、
 草むらで大きくなったお腹をさすっていました。

 「ああ、今日も食った食った。さて、
   明日はどうやって太郎をだましてやろうか」
 
 するとそこへ、ナタを振り上げたおじいさんがやって来たのでビックリ。

 「やばい、じいさまだ!」
 
 ウサギは、あわてて逃げ出しました。

     「このウサギめ! よくもしょうべんを飲ませたな! 
       ウサギ汁にしてやるからな! えいっ! とうっ!」
 
 おじいさんはナタをふりまわしながらウサギを追いかけますが、
 ウサギは素早くピョンピョン飛んで、おじいさんをからかいました。

 「やーい、じいさま、年じゃのう。くやしかったら、つかまえてみろ」

     「このー! これでもくらえっ!」
 
 おじいさんはウサギめがけて、ナタを投げつけました。
 
 ウサギはピョンと飛びはねてナタをよけましたが、
 長い尻尾だけはよけそこなって、ナタでスパッと切れてしまいました。

 「・・・ああっ! いてっ! いてっー!」
 
 尻尾を切られたウサギはあまりの痛さに、
 何日も何日も山の中を泣きながら走りまわりました。
 
 そのためにウサギの目は泣きすぎて赤くなり、
 足も走りすぎて前足と後ろ足の長さが違うようになってしまいました。
 
 それからです、ウサギの尻尾が短く、
 目が赤くて後ろ足が長くなったのは。
 
      
                            おしまい  
 
 
┌─────────────────────────
│ ■ 感謝&おしまいのひと言
└─────────────────────────
 今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
 東京3日目!!!売れる「カタログ」しっかり作る!。。。みのる
 
 
┌───────────────────────── 
│ ● メルマガの追加登録・配信解除・アドレスの変更はこちら 
│ 
│  https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=ets6 
└───────────────────────── 
  
  看板に使ったよとか、POPに応用したよ~
  などのコメントも待ってまーす
  
  mailto:info@minoru.co
      (インフォ アットマーク ミノル ドット シーオー)  
 
  ライズマーケティングオフィス(株)
  代表取締役 田中 みのる
  ブログ http://profile.ameba.jp/163cm55kg/
  ホームページ http://www.minoru.co
  田中みのる   フェイスブックページ
  http://www.facebook.com/profile.php?id=100002133247042

お問い合わせ案内 今日は何の日へのリンク