「現場力」を支える「マインド」が薄かったのでしょうか・・・

なんだか「人」が注目される大きなニュースが
続いてますねぇ。。。

日産のニュースでかすんでいますが、

先週水曜日、「交通機関」でのトラブルが僕は気になってます。

ナニが起こったかと言いますと、
飛行機の「欠航」問題。

天候不良などによる欠航は珍しくありませんが、
この時起こったのは、ちょっと珍しい、

「オーバーブッキング」

によるもの。

航空会社は、キャンセルを見越して、
実際の座席数より「多め」に予約を受け付けます。

そして、その「読み」はだいたい当たります。

そりゃ毎日「飛ばして」いる実績から
かなりの精度になっているんでしょうね。

僕も出張の際、
飛行機も時にはお世話になっています。

あまり飛行機を使わない僕でも、
過去に何度か「オーバーブッキング」の現場に出会っています。

でも、いつもちゃんと「飛んで」ました。

今回は「飛ばなかった」のが問題になってます。

正確に言うと「飛べなかった」と言う表現が正しいのかもしれません。

問題の便は、羽田 ー 福岡の最終便。

375名定員のところ、26名の予約オーバー。

そして、「予想通り」のキャンセルが出なかった・・・。

そこで航空会社はキャンセルに応じてくれた方へ
「謝礼」を用意して26名の「自主的な申し出」を待ちます。

・・・が、申し出はなく、時間は過ぎ・・・

博多空港側の着陸可能時間に間に合うタイムリミットが過ぎ、
「欠航」が決まってしまいました。。。

おいおい。。。

って感じです。

詳しい数字は違うかもしれませんが、

謝礼金は1万円だったそうです。

。。。でも申し出がなかった。

で?

ってなりますよね。

きっと「いつも」は、
「こんなこと」にはならないんでしょう。

(予定通り)キャンセルが出たり、
オーバー状態でも、直前に、
(いつもの1万円で)調整ができてきた。

でも、今回は違った。。。

「現場判断」が出来なかったんでしょうね。。。

航空会社で働く方々も「エリート」が多いです。

でも。。。です。

シロウト考えですが、

2万円、3万円・・・と釣り上げていけば、
応じる人がいたのでは??

または、せっかく「ステータス」(格付け)があるのなら、
申し訳ないけれど「低い」人に「保障提示」してキャンセルを促すとか。。。

なんか方法があったはずでは??

って思っちゃう。

だって、結局「400人」に補償することになってしまった。

スゴイ「損失」ですよ?

「信用」にもよろしくない。。。

さらに、大混乱の中、翌日「早朝便」の希望者への
集合時間は5時30分。と周知され、

早めに行った人は4時45分。
うん。分かる。僕もそれくらいに行く。

たくさん人は集まってきた中、

空港カウンターは真っ暗で、
スタッフが来たのは5時15分。。。

・・・いやいや。(^^;)

ルールにのっとった中での出来事。

「担当者」では決められないコトもあるのでしょうが、
そこに「現場をあずかる者」として、

「考えなければいけない」ことはなかったのでしょうか?

ビジネスも大変ですが、

もっと「大変なコト」があって、
何とかして今夜中に「到着したい」人もいたはず。

そんな「想像力」を持てなかったんじゃないかと思うのです。

「自分の仕事」はどこにつながっているのか?

ただ「人を運ぶ」ことではないはず。

そんな「考え方」をちゃんと持っていないと、
いけないんじゃないかと思う。

ぼくも「サラリーマン」を長くやったので、
キレイ事だけでは無理な事がいっぱいあるのは分かります。

でもね。。。

ってところ。

・・・ま、そんなトコロをぐちゃぐちゃ言ってると、
組織の中では疎ましがられるんですケドね。。。(==;)

悔しい思いをしている「現場」の方もいるはずですから、
このへんで・・・

【今日のポイント】
→ 「自分の仕事」はどこにつながっているのか?
→ 「ルール」と「誇り」
→ 「現場力」とは・・・

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*