ミーティングの場の雰囲気、イコール会社の雰囲気!かも。(^^;)

仕事がら「ミーティング」の機会がとても多いのですが、
いろいろな会社でのいろいろな人とのミーティングは本当に面白いです。

面白いって言うと、
ふざけているように思われるかもしれませんが、
全くふざけてませんよ!!

「ミーティングの場」では、
もちろん僕が意見やアイデアを出すこともありますが、
あまり出しゃばりすぎると、、、

「先生(コンサルタント)が言うんだから。。。まぁそうしておこうか。」

そんな雰囲気になって、
その時に決めたことは自分達で決めたことではなく、

「コンサルタントが決めたこと」になってしまうんです。

いざ、決めたことを行動に移す時、
他人に決められたことと自分達で決めたことでは、
遂行する力が変わってきます。

当然、自分達で決めたことの方が遂行する力が強い。
だから「決定事項」は最終的に
「自分達で決めた事」にしなければいけないのです。

ですから、ミーティングで話し合っている内容も重要ですが、
集まっている人や雰囲気のコントロールもかなり気にかけています。

で、その時々の「人の振る舞い」というか、
「性格が見える」というか、
「会社のそもそもの雰囲気を感じる」というか。。。

そこら辺が面白い。いや、興味深いのです。

明らかに何か大きなプレッシャーがあって、意見が出ない。
出ても、えらく遠回しな話し方で、
「何かに配慮している感満載」の良く分からない話になっている。

とか。(^^;)

2~3人が意見を言った後、残りの人は

「○○さんと同意見です。」

となって、その2~3人の派閥争いみたいになる。

とか。( ̄▽ ̄:)

本題と関係ない「端っこの話」を、
間違ってる!いや正しい!!・・・なんて白熱して
「決着がついた」ときには、そもそも何の話をしていたのか見失っていたり。

とか。(>_<。)

まぁ極端な例ですが、
ボクがミーティングに関わって初期の段階では、
時々見受けられることです。

あえてそういう現象を放置しておくこともあります。
現時点の「ミーティングのあり方」を見ることで、
内容よりも他のところに原因を見つけ出せることも多いからです。

人の顔、意見、雰囲気、話の内容
(本題からそれていないか?深く思考できているか?etc…)

そういったことを観察しながら場のコントロールを試みるのですが、
ミーティングの場の雰囲気って、
そのまま会社(部署)の雰囲気なのかもしれない。

そう思ってしまうのです。

だって、そこには、
その会社内(部署内)の縦・横の関係が顕著に表れるものですから。

とすれば、

ミーティングという場を、

「閉塞的な雰囲気を無くし自由で楽しく」
その上で、「きちんと的を得る話を活発に交わし」、
「すべきことを自分達で決めることができる」
そんな場にできれば、、、

普段からの会社内(部署内)の、
良好なコミュニケーションを促す
ひとつのきっかけになるんじゃないか?とも思えるわけです。

働き方改革、休み方改革などの話題の中で、
AIを駆使したシステムの導入、
些末な作業レベルの仕事のアウトソーシングについて、など

仕事のあり方が見直されている現在、
残っていくのは、人が人として「感じる」とか「発想する」とか「共感する」とか、
それを「思考すること」が仕事として大切になっていると思うんです。

時間はかかるかもしれませんが、
まず良いミーティングの場を設けることで会社(部署)も
好転していくのではないでしょうか。

【今日のポイント】
→ ミーティングの「雰囲気」は?
→ 「意見」が出やすいか?
→ 「良い流れ」を生むために

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*