一見非常識に思えても、実はよく考えての決断。の場合もあります。

台風のニュースがTVをにぎわせていますね。

今年最大の台風21号。

皆さま本当にお気を付けください。

京阪神では電車の運休が決まり、
移動もままならないと思います。

僕も、実は本日「大阪」で講演のお仕事の予定でしたが、
台風接近により参加者様の安全を優先し「中止」が決まりました。

間違いなく「暴風雨」になりますから
正しい判断だと思います。

たくさんの学校も休校が決まりましたね。

あえての「登校」?

僕の田舎の高知県。

今回台風が「直撃」しています。
ほぼすべての学校が休校しています。

そんな中、馬路村の小学校は
「登校」を決めたようです。

一瞬、「え??」って思いました。

でも、よくよく聞くと、

農村部で両親ともに働いていることが多く、
台風の中でも出ていかなければいけない場合もある。。。
今回の場合、

「子どもだけで留守番」

をさせる状況が好ましくない。

とのことで、

「学校で安全に預かる」

ことを決定したのだそう。

そこまで聞くと、

「避難先」にも選ばれる「学校」で
台風が過ぎるのを待つのは良い判断なのかもしれません。

ビジネスシーンでも、決断・判断の連続

一見「非常識」に思えても、
「よくよく考えて」決断していること。

ってありますよね。

決断や判断をするってことは責任を伴います。

「結果」は誰にもわかりません。

それでも「決めなければ」いけない。

ビジネスの現場でもそんなシーンはたくさんあります。

特に販売促進の世界では、

「これをやったら絶対に成功する」

なんて魔法の杖は存在しません。

いろいろ考えて、悩んで、
・・・そして決断する。

その瞬間、「孤独」を感じることも多い。

先の分からないことなのだから、
なかなか「相談」もしにくいし、

相談された方も困るかもしれない。

「責任者」と言われる方は、
人知れずそんな環境でんばっているのですよね。

そんな人たちを本当に孤独にしてはいけないと思う。

特に僕の仕事は、そんな経営者や責任者に
寄り添うことが多いです。

けっして「正解」を提供することはできませんが、
「ああでもない。こうでもない。」
を、一緒に考えることはできます。

社内でも、誰かを孤独にすることがないように、
お互いを尊重、気遣う。

そんな社内コミュニケーションを目指してほしいですね。

【今日のポイント】
→ 「決断や判断」の責任
→ 「孤独」との闘い
→ 「寄り添う」というコミュニケーション

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*