どこかで頑張ってくれている人の存在を感じておいた方がいい。

カテゴリー:
タグ:

そろそろ「お盆明け」のタイミングですね。
長めにとったり、後半にずらした人は次の日曜日までかもしれませんね。

僕は3日ほど、田舎の高知県に行ってました。

途中、先月の「豪雨災害」で土砂崩れがあり、
現在下り側を対抗通行にして復旧中の
立山トンネルを通過しました。

改めて、自然災害の恐ろしさを感じました。

お盆に旅行に行かれた方も多かったと思います。

どこに行っても人がいっぱいでしたね。

当たり前ですが、

そのいっぱいの人にサービスを提供している人たちがいるわけで。

「この時期」しっかり働いておられる方もいます。

僕は長く「郵便屋さん」をしてまして、
中元歳暮期、特に「お正月」は「休めるわけがない」時期でした。

これも当たり前ですが。(笑)

不思議なもので、「慣れる」とそれは当たり前になるんですよね。

時々、

「みんなが休んでいる時に働くのも大変ですよね」

なんて言ってくださる人がいるのですが、

「その代わり、ほかのタイミングでゆっくり休んでますよ?」

って感じでした。(^^;)

むしろ「混んでいない」タイミングで休暇が取れるのも
良いもんだ。

なんて思ってました。

ま、友人知人と「休みのタイミング」が合わせられないのは
時々申し訳ないと思うことはありましたが・・・。

今回のこの夏も、あちこちで働いてくれている方々がいますね。

災害復旧場所なんかでは「ボランティア」の方々までおられる。

少しは秋めいても来ましたが、熱中症にはくれぐれも気を付けてほしいです。

今週アタマから、TVで行方不明の幼児のことが報道されていて、
その後、無事に見つかったニュースに安堵しました。

その子を見つけたのも、ボランティアの方だった。

お手柄ですよね。

聞けば、「ボランティアのプロ」のような人だったみたい。

でも、でもね、その方以外にも、

「探してくださっていた」人たちがいっぱいいる。

それを忘れちゃいけないと思います。

町の人、行政の人、もちろん警察も。

たくさんの人たちが一生懸命探してくださっていたんです。

「見つけた方」への称賛は当然です!!すばらしい!

しかし、行方不明になってからずっと、
見つかったその瞬間も、
見つかったことを伝え知るまでの時間も、

「違う場所で探していた人」もいるんです。

そういうのも忘れちゃいけないな。と思うんですよね・・・。

うちの子も通っている、近所の小学校です。

夏休み期間中ですから、学校内は静かです。

特に小学校は、ほとんど児童は登校しませんね。

上の写真では分かりにくいんですが、
ずっと遊具のそばで作業をしている方がいました。

遊具を点検したり、伸び始めた雑草を取り除いたり、
多分、小石も拾っていたように見えました。

少し眺めていて「子どもが好きな人」のように思えました。

本当のところは分かりませんが。(^^;)

目立たないところでも働いておられる人はいて。

そんな人たちのおかげで便利や安全が当たり前だったりして・・・

缶コーヒーのCMのコピーで

「世界は誰かの仕事でできている。」

なんてのもありました。

いつもいつも「気にする」ことはできないですが、
時には改めて感謝したいな。と思った次第です。

【今日のポイント】
→ 「報われにくい」仕事もある
→ 「誰か」のおかげを感じる
→ 「良い仕事」はあちこちにある

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

コメント

  1. コーラ より:

    缶コーヒーのキャッチコピー

    大好きです。

    まさにですよね。

    日々感謝

    • minoru より:

      目に見えることと、見えないことと。
      思い出せたときにはちゃんと感謝!!
      です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*