せっかく「いいトコ踏み込んだ」んだから、もっと「分かりやすく表現」してほしい。

「マンガ雑誌」を読んで息抜きするのが好きです。

移動中など、毎日何かしらのマンガ読んでます。(笑)

先週、スピリッツを読んでいて、

「見開き」の広告(?)が目に入りました。

警視庁からの「お知らせ」ですね。

主に「未成年」へのメッセージで、

アルバイト感覚で
「振り込め詐欺」の「受け子」として
犯罪の片棒を担いでしまうことを防ごうとしているのですね。

メッセージの掲出媒体としては良いかもしれないですね~。

そして、たまたまかもしれませんが、

「警察官」が主役のマンガの直後のページにありました。(笑)

なんとなくですが、霞が関での打ち合わせ時に
指示(または流行りの「忖度」)があったような気がします。。(^^;)

マンガにすればよかったのに・・・

せっかくだから「マンガ」でメッセージを表現すればよかったのに・・・

って思いました。

このページ、余白が多く、「目には留まる」かもしれませんが、
「マンガを読んでいる」人たちには「読み飛ばされる」
ページになっちゃってます。

「新企画・作者は現役 警察官!!」

とか煽って、数ページの「マンガ」で「犯罪の注意喚起」出せばよかったんですよ。
(ぜったい「プロ級」のイラスト書ける人材いますって。)

それに「そういうテーマ」のマンガ、実際いくつもありますもん。

もう連載は終わってしまいましたが、

裏社会で生きる犯罪者たちを描いた「ギャングース」ってマンガがありました。

内容も面白かったのですが、毎回、

こんな「注意書き」が・・・(笑)

このマンガ、僕が好きだっただけでなく、結構人気もあったようで、
実写映画化されるとのことです。楽しみですね。(^^)

横道にそれました。

「届く」メッセージじゃないと

さて、「実際」の警視庁のメッセージに戻りまして・・・

ヤング・テレホン・コーナーでは、
未成年の皆さんに係る相談を24時間受付けています。
相談については・・・

・・・僕は長く「公務員時代」に「伺い文書」などの
ある種の公文書なども作成してまして、そのおかげで、、、

「係る」(かかる)ってコトバわりと身近で「分かります」けど、
一般的にはあんまり使わないコトバです。

「係る」は「関係(する・している)」の意があるんですが、
「役人コトバ」ってやつですよ。

ぜんぜん「若者」に寄りそってる感が伝わってきません。(汗)

霞が関にも長くいましたので、

この言葉を選択していることに
「悪気がない」こともよーくわかってます!!!!(笑)

でも、せめて、

ヤング・テレホン・コーナーでは、
未成年の皆さんに関係する相談を24時間受付けています。

くらいにはしてほしい。

スペースはたっぷりあるんだから、

ヤング・テレホン・コーナーでは、
主に未成年の皆さんに降りかかってきて、
困っていそうな問題の相談を、
24時間365日いつでも待ってます。

お友達に起こっていることでも相談してくださいね。

ちゃんと秘密は厳守します。約束します。
警察だし。

くらい書いてもいい。

と思う。(^^)

掲出場所は「踏み込んだ」んだから、

表現にも「踏み込んで」ほしい。

警察だし。(笑)

【今日のポイント】
→ 「目にとまる」と「読まれる」は違う
→ 「読みたくなる」が大切
→ 「自分たちのコトバ」ではなく「伝わるコトバ」を使う

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*