僕に「先生」っぽさが足りないのは「強み」だと感じます。

先日、初めてご訪問する会社で、

「販売促進の基本」をテーマにしたセミナーをさせていただきました。

きっかけは「招いてくださった方」と元々知り合いだったからです。
その方は元々関東の大きな会社におられて、
僕がそこに定期的に訪問させていただいていた時に
何度も研修にご参加くださっていたからです。

そして「その方」が、大阪の関連会社に転勤になり、
ありがたくも僕を社内研修の講師として招いてくださったのです。

感謝です!!

誰も僕のコトを知らないと・・・

今回の例に限らず、

「担当者さま」が「僕を講師として選んでくれて」
参加者さま方は「どんな人が来る」のか知らない。

そんな現場はけっこうあります。

でも、到着すれば、

「ああこの人だな」ってお互い分かります。

当たり前ですが。(笑)

でも。。。

それは僕が一人で現地に着いたときのこと。

僕のスケジュール管理やウチの事務まわりを、
全部取り仕切ってくれている「ナガオさん」


※本人のFacebookより借用

が時々同行してくれます。

180cmの長身でスラっとしてまして、
近くに行くといいニオイがします。(笑)

そんな時、起こりがちな状況が、、、

「田中みのる」違い。(笑)

ほとんどのご担当者さまは、
事前にwebをチェックしておられるので
すぐに「僕」に気づいてくださるのですが、

「それ以外」
(今日、講演をする先生が来るらしいくらいの認識)

の方は、2人で到着すると、
あちら(ナガオさん)を先生と認識なさいます。

僕もそれが普通の感覚だと思います。
だってカッコいいもん(笑)

今回も「そんな感じ」(笑)

今回の研修会は僕を良く知るご担当者さまの強い後押しと
関東の本社さまの信頼のおかげで、開催がとんとん拍子で決まりました。

研修当日まで、参加いただく皆さまは、
僕のことを知るチャンスはなかったはずです。

2人で到着して、参加者様が集まり始め、
ご担当者さまと軽く打ち合わせをしていると、自然に・・・

ナガオさんの前に名刺交換の列が・・・

うん。「先生のオーラ」ハンパないっすね。

思わず写真撮っちゃいました。(笑)

コレ、割と起こる光景です。(^^)

ほどなくみんな着席し、研修会が始まります。

紹介を受け、僕が前に立ち、、、

「あ!? あっち??」
って思っている目に気づいたりします。(笑)

そういうのはお構いなしに、
ちゃんといつものように「全力で」お話させていただきます。

だから起こる良い現象

今回の研修終了後に、
参加者さまが「質問良いですか?」と。

「いいっすよ!」と僕。

その後次々と質問が続き、、、
開催予定時間を1時間近くオーバー。

参加者の半数近くの方が、発言したと思う。

上司の方が、

「普段絶対に手を上げたり、
 質問したりしないコまでしゃべってました・・・」

とあとで教えてくれました。

それが僕の持ち味だと思ってます。

前振りが長くなりましたが、

ある意味「先生らしくない」おかげで、
なんでも質問できる「身近な感じ」が出せてるのかな。と。

「(先生に)こんなこと聞いちゃ悪いかな・・・」

ってちょっと萎縮しちゃう人っていると思います。

僕の「キャラクター」はそんな方にも
「話しかけやすい」感覚を提供できているんじゃないかな。
って思います。

企業研修のご担当者やその上司は、

「会社が良くなるため」に講師を呼ぶんですよね。

だったら「参加者」が「気軽に質問したくなる講師」って
使いやすい存在なのかな?とも思えます。

たくさんセミナーや企業研修の機会がいただけるのは、

そういう「身近な存在感」が役に立てているのかな~

なんて改めて思っちゃいました。

何にせよ、
「その会社」と
「そこで働く人」が
元気になる
きっかけになれたら嬉しいっす!!!!!!!!

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*