どんな時も「その向こうに人がいる」ことを忘れてはいけない。

カテゴリー:

「ガス」は「プロの立ち合いの元」開栓するのが基本です。

使えないのは不便ですが、
プロが頑張ってくださってるので待ちましょうね!

地震発生後、停止していた

事務所ビルのエレベーターが復旧しました。

かなり古い型のエレベーターのようで、
修理に当たっていた作業員の皆さん、
なにやらあちこちに電話で確認を取りながら半日かけて
動くようにしてくださいました。

2階と1階に分かれて「同時」に何かを調整していました。

「分かる~~?」

おそらく、一番ベテランの方でしょう。

ご本人は作業そのものにはあまり参加せず、
図面を見たり、電話でいろいろ確認したり・・・

時々、「分かる~~??」と、

若い作業員さんたちに声をかけていました。

たぶんご自身は、「できる」作業なのでしょう。

あえて、「経験」のため「させている」んでしょうね。

作業を終えた場所を順に、
それはそれは細かくチェックしておられました。

古い型のエレベーターは、当然ながら
「修理」の機会も少なく、「技術」の維持のためにも
今回の修理を複数人で行っている感じがしました。

ちなみに最上階、エレベーター横の「機械室」のドアがコチラ。

いや、そこまで「昔」に設置されたエレベーターではないですよ!!(^^;)

作業員さん方が修理を終え、

工具なども片付け撤収したのち、

「あ~動いてる~~!!良かった~」

と言いながらエレベーターに乗っていく女性。

僕は2階なので、さほど不便はありませんでしたが、
もっと階上の方は大変だったでしょうし、

足の悪い方や高齢の方には
エレベーターの復帰、心待ちだったことでしょう。

ありがたいですね。

エレベーターの修理をしてくださった作業員さんに感謝ですね。

ひとりでに「復旧」しない

まだ、僕の住むエリアは地震後「ガスが止まって」いて、

自宅でお風呂に入ることができません。

自衛隊の皆さんが、「お風呂」を提供してくれている地区もあります。

近隣の銭湯も営業ができないところもあり、
人が集中し、お風呂に入るにも混雑が避けられません。

遠くに移動できない人のため、
車で動ける人は少し離れた銭湯を利用すべきでしょう。

それもあって僕はここ数日、少し早めに家に帰っています。

昨日は雨の中、
今日も朝早くから、

「ガスの復旧」のため多くの作業員さんが、
今回の震源地近くで働いてくださってます。

近所の学校のグラウンドが「集合場所」になっています。

おそらく数千人規模の作業員さんたちが集まっています。

エレベーターもガスも水道だって電気だって、

「勝手に直り」ません。

それを修繕し、便利を確保してくださる「人」がいます。


「あ!使える!!!」


の喜びの向こう側に、
「プロ意識」をもって作業に当たってくれている人の存在。

それを忘れてはいけませんね。

徒歩3分の所に大阪ガスさんがあります。

そのすぐそばの学校のグラウンドに、
たくさんの作業員さんと工具を積んだ作業車が集結しています。

ガス会社の人たちだけではありません。
「技術のある人たち」が集まっています。

昼夜を問わず行われている復旧作業に頭が下がります。

【今日のポイント】
→ 「便利」が当たり前になっている
→ モノは「勝手に」直らない
→ 見えない所で頑張ってくれている方がいる

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*