「吹田」は、脳内映像化しにくいですが、「太陽の塔」は、なんか観えてきます。(笑)

カテゴリー:
タグ: ,

「見たもの」だけだと、どんどん忘れていきますが、

「見た」ことで「思い出して」もらえると、
「見たもの」との紐づけが起こります。

結果、少し長く記憶に残る。

ご挨拶チラシ?

出張を終え事務所に戻ってきました。

すると、テーブルに1枚「手書き(風)」の紙が・・・

なるほど、自己紹介チラシね。

このビルも「飛び込み」で、
保険会社さんや証券会社さんが、良く来るんですよね。

だいたい、薄めの「情報誌」と名刺を持って、

「ご挨拶だけ・・・」

と言ってこられます。

「ご挨拶だけ」

のはずが、その後、

「少しだけお話いいですか?」

そして

「カンタンなアンケートに・・・」

仕事柄、それも経験(ネタ)と思い、
できるだけ応対しますが、

本当にバタバタしてるとき、
「ご挨拶だけ」のつもりで、
そう続いていくと、

「おいおい・・・(^^;)」

って思っちゃいますね。。。

今回の「このチラシの方」には

僕お会いしていませんが、

その「ちょっとの時間」への工夫は
感じられます。

ただ「名刺が残されてるだけ」のシーンを
避けようとしたんですかね~。

思ったこと

コレでも「ノリの良い人」は、

「へー吹田市出身なんや~」

とか、

「海外旅行とか行くんやね~」

って、話の糸口になるでしょうが、

もっと「細かくてもいい」かもしれません。

情景が思い浮かぶから

細かく表現することで「景色」を想像したり、

「音」を思い出したり、「におい」なんかも・・・

つまり「五感」に呼びかけるようなイメージで
「情景描写」ができるんですよね。

例えば、、、

大阪の《吹田市》出身。

よりも、

「太陽の塔」で有名な《吹田市》出身。

好きなことは《旅行》(特に海外が大好きです)
(軽音楽やってました)《音楽フェス》に行くこと♪

よりも、

好きなことは《旅行》(バリ島の海サイコーでした)
(軽音でサザン良く弾きました)《音楽フェス》に行くこと♪

《お笑い》も大好きです(ひまがあれば動画みてます)

よりも、

《お笑い》も大好きです
(「ノンスタイル」「東京03」あと、
「バナナマン」のネタ「親友」は何度見てもスゴい)

みたいな。。。(笑)

そうすると「より記憶に残りやすい」し、

その場でも「話の弾む」可能性は高まるものです。

「置手紙」的使い方なら、
「次回訪問時」への話題にもなるかもですね。

それなら、

「自己紹介Vol2」を
隠し持っていてもいいかもしれません。(笑)

【今日のポイント】
→ 言葉で「五感」を刺激する
→ 「記憶」に残るように
→ 「次の展開」を視野に入れる

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*