「わがまま」聞きます。とか「おせっかい」させてください。はハイレベルなサービスかも。

カテゴリー:
タグ: ,

名前の分からない食べ物を

食べる方法かもしれない。

そんな気もします。

深夜食堂ってマンガ思い出しました(笑)

僕、マンガが好きです。

マンガ雑誌も結構読んでます。

今日、たまたま立ち寄った居酒屋さんで

「深夜食堂」のマンガを思い出しました。

TVドラマや映画にもなりましたから、
「そっち」でご存知の方もおられましょうか・・・

僕、「そっち」は観ていないので、
ビッグコミックオリジナルに連載中の「マンガ版」
のイメージで今回ブログを書いてます。

その「深夜食堂」はメニューが極端に少ない代わりに、

「食べたいもの」を言ってくれたら、
可能な限り「それ」を作ってくれる。

というお店。

マンガはそのお店を舞台に、
来店するお客さまの人間模様を描く物語。

もしあったら「行ってみたい」お店です。

なぜ思い出したかというと・・・

この張り紙です。

「メニューにない料理やドリンクを
できる限り提供したい!!」

・・・いや。まるっきり「深夜食堂」と
同じスタイルですやん??(笑)

わがままを許容するスタイル

「欲しいものを作ってくれる。」

っていうのは、すごいやさしさを感じます。

「わがままが言える」ってのは
大人にとってなんか大きな癒しにもつながるんじゃないかな?

なんて思うのです。

きっと「子どもの頃」を感じるんじゃないでしょうか。

実際「頼む人(オーダーする人)」は少ないかもしれないです。

よっぽど「常連」にならないと言いにくい気が
僕なんかはしちゃいます。

興味はありましたが、店内の込み具合もブレーキになり、
質問すらできなかったです・・・

ちょっと後悔(^^;)

でも、また来て、いつか、

子供の頃、初めて自分で作った

「梅干し突き崩しごはん」

をオーダーしてみたくなります。

自分でも作れるんですが、
説明することも含めて「その頃の味」を
「作ってほしい」感じがしまして・・・(苦笑)

・・・何とも言えない気分になりました。

【今日のポイント】
→ わがままが言えるというサービスのカタチ
→ 「おせっかい」が喜ばれる例が最近ちらほら
→ オトナが幼くなれるきっかけ

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*