「手書き」はやはり臨場感がありますね・・・。

カテゴリー:
タグ: , ,

金曜日は新幹線は混み気味ですね~。

夕方でも席は埋まり気味でした。

テロップ表示に慣れている

TV番組には「テロップ」が当たり前になりましたね。

字幕と言いますか、

出演者のセリフや、ナレーションの一部が、
ちゃんと文字で表示されるのに慣れました。

あれのおかげもあり、
ボリュームを小さめに視聴できたりもするので、
夜遅くTVを見るときなんかは便利な気もします。

ニュースの会見でも

バラエティやクイズ番組はもちろんですが、

ニュース番組でも「テロップ」は当たり前になってます。

「ない」方が違和感を感じるくらいにまでなってます。

そのせいでしょうか。

「生中継」にも対応しようとしていました。

生中継の中での「発言」を、
(多分ホワイトボードに)リアルタイムに書き留めているのを、
TVの左下に表示していました。

すごく「臨場感」を感じました。

いいアイデアですよね。

手書きは「フレッシュさ」や「臨場感」がある

店頭看板にも言えることですが、

やはり「手書き」は目を引きます。

POPでも同様のことが言えますね。

でも、ここで大切なことがひとつ。

「販促物」として考えるならば、
あるレベル以上の「完成度」は必要です。

手書きなら何でもいいわけではなく、
文字の読みやすさや美しさ、
イラストならある程度の完成度。

これが必要です。

コトバを選ばずに言うなら

「小さな子供なら許される学芸会の作品」

では困る。ということです。

先ほどの、「手書きテロップ(?)」も・・・

ちゃんと読めます。し、急いで書いていることを
差し引いてもキレイな文字と言えると思います。

時間をかけて完成度を高めるのか、

そこそこの完成度でタイムリーさを優先するのか、、

「選択する」ことも大切ですね。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*