「冷やし中華始めました」という看板は実際にはあまり出会えません。

カテゴリー:
タグ: ,

今日は日差しが強そうです。
そろそろ「夏」を実感し始めますね。

冷やし中華はじめました

僕個人としては、

ラーメンはあったかいのが好きなのですが、

夏になると「冷やし中華」というメニューが
出始めますね!

そして、いつから流行ったのかは知りませんが、

「冷やし中華はじめました」

なんて張り紙が想像できるのですが、

が、僕、あんまり見た記憶がありません。

それか、あまりにも「定番」過ぎて、
風景化してしまい、心に残ってないのか???

僕が「あまり好まない」から目に入ってないのか??

いろいろ考えちゃいます。

「いまさら」の方におススメ?

飲食店。
しかも「冷やし中華」をメニューに出していそうな方で、

毎年「冷やし中華」をやってるけど、

「特にアピールしたことない」そんな場合、

このような切り口の宣伝はどうでしょう?

もうやってましたよ。って感じ。

「冷やし中華はじめてました・・・」

アピールするのも忘れてました。
ってニュアンスも出て良くないですか?(笑)

広告も、「みんなが同じことを始める」と
やっぱり風景化していきます。

ちょっと切り口を変える。って大切ですよね。

「冷やし中華はじめました。」

も、派生型(?)として

「冷やし中華はじめたい・・・」

とか

「冷麺、始めさせられました。」

とか

ネットでも「オモシロ」的に見かけられます。

ポイントは

「突っ込みたくなる」ってことですね。

「冷やし中華はじめたい」→「やりゃいいじゃん!」

「冷麺、始めさせられました。」→「誰に!?」

って感じですかね。

「冷やし中華はじめてました」→「いつから忘れててん!!?(笑)」

(^^;)

販促物はコミュニケーションツール

かねてより何度も言ってますが、

「販促物」は「コミュニケーションツール」です。

「相手の反応」を狙って作ることが本当に大事!

だからこそ予定通りに「突っ込んで」
もらえたらそりゃサイコーですよね!!

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*