「ナニ」を贈るか?の前に、「なぜ」贈るのか?を丁寧に発信してみる。

カテゴリー:
タグ: ,

今日も少し肌寒いですね・・・

過去最高に暑かったGWだったとか、
10年ぶりの冷え込みのGW明けだとか・・・

服装も体調管理も大変です。(汗)

喜んでもらうために!!

先日、というか先月のことですが、
流通業界の某大手さま向けに研修をさせていただいた際、
後の意見交換の場で、

「今回は母の日に特に力を入れようと思っているんです」

というお話がありました。

品揃えやレイアウト、もちろん販促物などについて
いろんなプランを準備しておられ、
ほんとうに力を入れておられることが伝わってきました。

「販売促進にかける予算も今回は大きくとったんです!!」

とのこと。そして、

「お母さんに『喜んでもらうため』
いろいろアイデアを出しました!!」

「喜んでもらうため」

うん!素晴らしいことです!!

喜ばせたい人を喜ばせるため

そして、何かアドバイスありますか?

的なことを聞かれまして、
僕が話し始めたのが、

テーマは「母の日」ですが、ターゲットは「母以外」が主ですよね?

という当たり前のところから。。。

・・・いろいろ割愛しますが、

つまりは、、、

「なぜお母さんを喜ばせたいか?」

にも考えを深めると、またちょっと切り口の違った「プロモーション」が
出来るのではないでしょうか?

とお伝えしました。

毎年、母の日には何かしらのプレゼントを贈っている人は

「今回は何を贈ろうかな」

なんて考えるかもしれませんが、

潜在的な層に「母の日」への注目を集めるなら、
「お母さんへの感謝の気持ち」の再確認を促すことも必要なのです。

いつも世話をかけている、お母さんをねぎらうためのきっかけである
「母の日」という5月第2日曜日。

これを改めて認識してもらう事もプロモーションの切り口として大事。

それがあってこその「ナニを贈るか」ではないかと。

新しい文化を作るくらいの気持ちで

改めて、「母の日」のターゲットは「母に感謝の気持ちを伝えたい人」

母に感謝の気持ちを伝える「プレゼント」を用意する時、
「その母」からもらった「お小遣い」で買い物をするのもなんだかなぁ。と思います。

それでも多くの「お母さん」たちはきっと喜ぶのでしょうが・・・
(彼女たちは子供に対し、ホントに不思議なほどやさしい生態を持ってます(^^;))

ならば、「初めて自分で稼いだお金を母のために使う」のが正しい。
そのきっかけの「母の日」と考えてみてはどうでしょう。

ちょうど「初任給」が出た後の5月前半のタイミングもなんかそれっぽい!(笑)

「最初にもらった給料で『母への感謝』を伝える」

それを新しい文化に出来たら素敵ですよね

そう考えたなら、一年中いつでも「初任給」の後は「MY 母の日」で良いんですけどね。(^^)

だから切り口は
「あなたのお母さんを喜ばせるお手伝い」

例えば・・・

生まれ年や出身地、学生時代のクラブ活動、思い出の地、趣味はもちろん
普段着る服、好きな食べ物、持病やハンデ、口ぐせ・・・

「お母さんについて知っていること」からひも解いて、
喜ばれそうな「贈り物」の提案を、プロからしてもらえたら、、、

とりあえず聞きたいですね。(笑)

 

母への感謝の気持ちを伝えるためのお手伝い「本気だぜ」って発信されたら、
「ナニか」を探す前に相談したくなります。

そんなお話をさせてもらったのを機会にしていただけたのか、
その企業さまのwebページの母の日ページが直前改修され、
「お母さんへの感謝の気持ちを再認識させる」ような内容が増えてました。
んで、ちょっとうれしくなりブログにまとめました。(笑)

今年の母の日は5月13日

感謝の気持ち伝えるのに早いも遅いもありません。

ちなみにお花で良いなら遠く離れているところにも
まだ届きますよ。
思い付きでもいいじゃないっすか。(笑)

来週日曜日、全国的に母の日っす。

たくさんの「お母さん」が笑顔になる日となりますように!

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*