お客さまが選ぶ理由は「らしさ」として磨き続けないといけない。

カテゴリー:
タグ: ,

一日に2回、入ることも良くあります。

喫茶店。

特に僕は「ルノアール」が好きです。

もうタバコはやめちゃいましたが、
必ずタバコが吸える席のある喫茶店。という印象です。

あと、席がゆったり目にとってあり、

Wi-Fi環境も整っていて、
パソコン作業などもできて、
コンセントも使わせてもらえる。

長居しやすい環境もありがたいですね。

都内で商談と商談の間に時間が長めにあると、
ついつい近くに「ルノアール」を検索してしまいます。

昨日も、午前中のお仕事が終わり、
午後からのお仕事までに時間があったので、
新宿のルノアールでゆっくりお仕事&時間調整を
させていただきました。

始まりは苦肉の策

ドンドン消えていっている「昭和感」のある純喫茶。

そんな中でルノアールは人気のお店だと思います。

実際、8年連続過去最高売り上げを更新しているそうです。

オシャレな「カフェ」も人気なんでしょうが、
僕はこっちのほうがなんか合ってます。(笑)

そして、ルノアールさんは各店とも

「席がゆったり目にとってある」

特徴の部分なんですが、

コレはなんと、「一店舗目」を作ったとき、

じゅうたんにお金をかけすぎて
当初の予定の数のテーブルとイスが買えなかったから、
苦肉の策でまばらに配置することになったそう。

ふかふかのじゅうたんに、
ゆったりした席の配置。

が、「ホテルのロビーのよう」とお客さまにウケて、
口コミとともに集客につながったのだそうです。

そしてそれが現在にまで「らしさ」として継続されています。

面白いハナシですよね。(^^)

お客さまに選ばれる理由

自分たちがアピールしたいことは
きっとたくさんあるでしょう。

喫茶店なら当然「コーヒーの味」にこだわっていると思います。

でも、「お客さん」のほうは、
ココは苦い目だね。とか濃いめだね。ぐらいで、
そこまで「味」にこだわれる人は少ないと思います。

「コーヒーを飲む空間」が

選ばれる理由の大きな要因の一つです。

もちろん業界もそのあたりが分かっているから
いろいろ策を講じていますけどね。

喫茶店だけじゃないですよね。

どんなお仕事も、

「自分たちが選ばれる理由」を探求しなければいけません。

はっきり答えは出ないかもしれません。

だってそれは「お客様がどう思うか」がメインだから。

なので「探求し続け」なければならないのです。

どんなお客様に喜ばれたいのか。

どんなお客様にリピートされたいのか。

僕はターゲットじゃないと思われます。

近所に、「とっても入りにくい」(敷居の高い)喫茶店があります。

やはり老舗の純喫茶。

この前、意を決して入ってみました。

席数の少ない小ぢんまりしたお店でした。

そして、こだわりを各所に感じました。

きっとコーヒーの味にもこだわっているのでしょう。

常連さんと思われる方も複数おられました。

でも、、、

「僕はターゲットじゃないな」

そう感じました。(^^;)

それでいいと思います。

僕がリピートしないことで、
常連さんが入れず、
がっかりして帰ることがなくなるから。

「誰でもいい」は「誰にも選ばれなくなる」につながります。

お客様や生活者の目はドンドン肥えていきます。
より一層「らしさ」を磨かなければいけない時代ですね。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*