ファンのために、自分のために、相手のために。

カテゴリー:
タグ:

大きく報道されていますので

多くの方がご存知でしょう。

「鉄人」の愛称で親しまれた、
元、広島カープの衣笠祥雄さんが
お亡くなりになりました。

多くの方がその悲報に落胆なさったことと思います。

まずは謹んでお悔やみ申し上げます

人格者であったからこその名言

衣笠さんは一見こわもてな風貌でしたが、
とてつもなく優しい。

そして人格者でした。

たくさんの名言があるのですが、

僕が一番大好きなコトバは、

「1球目はファンのため、
2球目は自分のため、
3球目は西本君のために振りました」

という、選手時代のインタビューへの返答。

どんなシチュエーションで発せられた言葉かというと、

1979年、8月1日の巨人×広島戦

まだ若い5年目の巨人、西本投手のデッドボールで
左肩肩甲骨を亀裂骨折します。

翌日は誰もが欠場すると思っていたら、
代打で登場。

連続出場記録の為だけのバッターボックス棒立ちではなく、

3球「フルスイング」の三球三振。

「鉄人」のエピソードの一つにもなっています。

そしてその後のインタビューで、
負傷の中での3球フルスイングを尋ねられ、

「1球目はファンのため、
2球目は自分のため、
3球目は西本君のために振りました」

のコトバが発せられます。

ステキな言葉だと思います。

改めてお悔やみ申し上げます。

田中みのる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*