「懐かし」のキャラクターって「古い」ワケではないですね

カテゴリー:
タグ:

カリオストロの城は名作だと思う。。。

もう何回見たかわかりません。

アミューズメント業界の集客

「キャプテン翼」とか「ガンダム」とか「ボンバーマン」

などのキャラクターを使って、
「懐かしい新作ゲーム」を大手メーカーは発表するようです。

世代としては僕もストライクゾーン。(笑)

狙いは、

「昔、『ゲームセンター』に通ったことのある世代に
『懐かしいなぁ』と思ってもらい、ゲーム機で遊んでほしい」

って感じでしょうか。

懐かしの昭和キャラで集客って感じですね。

缶コーヒーのおまけ

コンビニの缶コーヒー、

「ルパン」のフィギュアがおまけでついてます。

ついつい、「それ」を買ってしまっています。

調べればすぐにわかるのですが、
恐ろしいことに、「何のコーヒー」か即答できません。(汗)

(ダイドーさんでした)

懐かしいからと言って古いわけではない

懐かしのキャラクターが時代を超えて再登場。

ってのは、集客や物販だけに限りませんよね。

一定以上の人気があったからこそ、
「その世代」や「ファン」の目を引くという効果を期待しているという事。

キャラクターのチカラを借りるってのはありがちな手法ですよね

「漫画発」が多い気がする

映画やドラマが顕著だと思うのですが、

最近「漫画」が原作の映像作品が増えている気がします。

漫画で「人気」が出たものを・・・

という安易な流れが王道化している気もして、
チャレンジしにくい世の中なのかな?とも感じてしまいます。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*