「仮説を組み立てる」と「攻めて出る」ことができるかもしれません。

きっと僕に「似た人」が探されているんだろうな~

って思うんです。

何のことかと言いますと・・・

僕、かなり「職質」を受けている方だと思います。

しかも地元で。

今年に入ってからはまだですが(笑)

先週神戸で起こった事件

先週、神戸市で、若い女性が2人詐欺容疑で逮捕されました。

警察官による「職務質問」により逮捕に至ったそうです。

昼間、公園にいたスーツ姿の若い女性に職務質問をかけたそうです。

どんな雰囲気だったんだろう?

とか、いろいろ気になりますし、分からないことは多いのですが、
たくさんの警察官が周辺を警戒していたそうです。

予測して警戒

実はこの日、神戸市のある地域で
20件以上の「特殊詐欺」の電話がかかっていたのです。

最終的に「キャッシュカード」をだまし取ろうとしていたような
内容のものだったようです。

しかも「警察」を名乗っていたみたい。

だから「問い合わせ」や「情報提供」の連絡が
本物の警察にたくさん入ったのでしょうね。

そこで、

警察は「受け子」(実際にキャッシュカードを回収に行く担当)
がその周辺に待機しているとみて、警戒に当たったそう。

そして、公園で「見つけた」ということ。

警察としては「当たり前」の捜査方法なのかもしれませんが、

「先読み」として正しいなぁ。

と思いました。

ビジネスにも「先読み」は必要

大手コンビニエンスストアなどでは常識ですが、
近辺で「イベント」がある時には、
品揃えを「いつもと違う」仕様にして、
販売チャンスを逃さないようにします。

天気や時期によっても「すべき準備」は
変えていくべきでしょうね。

「わかりやすい」事象には
すでに様々な対処ができているでしょうが、

まだまだ「今は気づけていない」
チャンスも埋もれているかもしれません。

「仮説」を立てて「提案する」

もし、「似たような問い合わせ」がいくつか重なったなら、
その「問い合わせ」から「仮説」を立ててみることです。

「レジャーシートって置いてますか?」

「紙皿ってありますか?」

「割りばしありますか・・・」

お花見してるんだろうなぁ。。。って(笑)

「お花見セット」そろえています。

うまいですね!!!

「・・・帰りの公園でちょっとだけ花見でもするか」

というニーズが生まれるかもしれません。(笑)

「セット」を作る

今ある「単品」を組み合わせて「○○セット」を作れたら・・・


それに興味を持つ人が増えるかもしれない。

そのセットの「内容」を見て
「それが必要なんだね」と気づく人がいるかもしれない。

そもそも興味がなかった人に「新たな欲求」を生むかもしれない。

ただ、商品やサービスを数多くそろえて「待っている」のではなく
ノウハウとともに「発信する」ことで新たな需要を見つけられるかもしれません。

だからこそ仮説を立てるための情報収集の「アンテナ」高くしておきたいですね!

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*