『600℃を超えるとサクラは咲きたくなる』らしい。です。

カテゴリー:
タグ:

サクラもちらほら咲き始め、

ようやく「春」の気配がしっかり感じられるようになりましたね。

満開の時期には、晴天とともに暖かい日が続き、
今年は{お花見日和」がたくさんあるといいですね!

TVのニュースでも流れていましたが、

各地の「標本木」の桜に5~6輪の花が確認できると
「開花宣言」となるようです。

僕の田舎の高知では、15日に開花宣言が出ました。
田舎の近所では「中越家のしだれ桜」っってのが有名です。

累積温度で開花予想

桜の開花予想で、その年の2月1日からの
最高気温の「累積」で開花を予想する。という手法があるみたいです。

それによると、累計「600℃」あたりが開花ライン。

大体前後1日程度の誤差で開花するそうです。

積み上げるって大切

何事にも言えることですが、

「コツコツ積み上げる」というのは本当に大切ですね。

お仕事だってそう。

「急にうまくいき始めた」ように見えても、
実はちゃんと「準備」ができていた。

というのもよくある話。

花開く。というのは、ちゃんと「積み重ねた何か」が存在するのですよね。

サクラってなんか特別

日本人にとって「サクラ」って特別な花ですよね。

古くから歌にも絵にも食べ物にだって「サクラ」は使われてきました。

ただ美しいだけじゃなくって、
ちょっと物悲しさもはらみながら。

まだまだそんなトシではないはずなんですが、

「あと何回サクラを見ることができるかな?」

なんて考えたりするのです。

美しいけど儚げな姿がそういう気持ちにさせるんでしょうかね?

だからこそしっかりコツコツと

そんなことを考えていると、

「無駄な日なんて一日もない」って実感します。

いつもいつも気張ってばかりいられませんが、
ちゃんと「積み重ねているもの」の存在を感じて、
何かしらちゃんと頑張らないといけませんね!!

今書いているブログなんかもそうだと思います。

今年は「平日は毎日書くぞ!!」と決めまして、
いまのところ続いています。

読んでくださっているどなたかに「気づき」が提供出来たり
なんか「やる気」になっていただけたり、
ちょっと「ホッ」としていただけたり。

たくさん書けば、「そういうこと」もたくさん起こる確率は
上がっていくはず。(*^▽^*)

そう考えると、

サクラとは違い「お仕事」というものに関しては、

何かのためにではなく「積み上げていること自体」
が自身にとって「すべき事」そのもの
なのかもしれないなって思い始めました。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

うちの「サクランボ」の木は一足早く
満開を迎えました。

サクランボの花

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*