ハードルを上げるのか、下げるのか。そして個性を出すってどうするのか?

広告ってのは、

さまざまな「表現」の方法があります。

あまりに鼻につく「自慢」は逆効果になるでしょうが、
ある程度「アピール」することが必要ですよね。

お客様の「期待」をイメージしながら
自身の商品やサービスの紹介を「上手に伝える」
わざわざ書くほどのことでもない
当たり前な広告内容の考え方ですね。

ハードルを上げるのか下げるのか?

少し前、大阪の門真を車で走っていたら、

なかなか強い「アピール」のお店を見かけました。

たこ焼き屋

「大阪一は宇宙一!!」

ん~。大きく出ましたね!!

というか、ある種「大阪らしい」アピールなのかしら(笑)

とりあえず、

「自信アリ!!」の発信ですよね!!

「ハードルを自ら上げに行ってる」パターンだと思います。

お味は・・・

うん。たこ焼きです!(*^▽^*)

いや、美味しいですよ!!

そして・・・

ちょっと前、これまた車で移動中の大阪は玉手。

やはりたこ焼き屋さんが・・・

たこ焼き

「まぁまぁうまい。」らしいです。(笑)

こちらはまたエラい「控え目」です。

「ハードルを下げに行った」感じです。

でも「広告」としては目に留まります。
やはり「大阪らしい」看板に思えてきます。

これもうまい広告なのかもしれません。

お味は・・・

はい。やっぱりたこ焼きです!(笑)
もちろん美味しかったです!!(*^▽^*)

個性を出す

全国チェーンのお店もありますし、

「お気に入り」のお店もありますよね。

それはたこ焼き屋さんに限らず、

ラーメン屋さんでも同じことが言えると思います。

「似たようなもの」がある中で、

「選んでもらう工夫」が広告にも現れなければいけませんよね。

そんな時大事なのは、「個性」に目を向ける。

ということです。

「同じ業界」の中にいると、
アピールしたほうがいい自分自身の個性に気づけない人がいます。

本人は一生懸命「アピール」していることが、
受け手にとっては「違いとして感じ取れない」ってことはよくあるのです。

もっと他にアピールできる個性があるかもしれない。
って、もう一度「自分のコト」をひもといてみてくださいね。

分かり切っている「コト」もです。

当たり前を当たり前に流さない

「自分のコトは良く分からない」

ってのは、「ついつい分かったつもりになっている」からです。

例えば、立地にすら個性やヒントがないか?
って考えてほしいのです。

その土地の歴史をひもとくと、土地の名前のいわれや民話など、
案外何かしらの「エピソード」はあるものです。

もしかしたら面白い「ネーミング」のヒントになるかもしれませんよ!
「その土地」への敬意を込めたうえで、とことん「その土地」に関連する
テーマで商品開発を続けると、地元愛によるファンもついてくるかもしれません。

材料や見た目、味にこだわる。

それはもちろん必要ですが、「それ以外」の様々なことにも目を向けて、
「らしさ」をちゃんと見つけてほしいのです。

そしていちばん「目を向けるべき」なのは「自分自身」ですよね。

「自分の熱い思い」を大事にしてくださいね。

ちゃんと自分のコトを知る。

そして自信を持って「アピールできるもの」を作り上げて
しっかりと「発信」してください。

それが「らしさ」のアピールになります!

広告の力を借りてのアピールが「どこにでもありそう」
ってならないために気を付けましょうね!!

今日も最後までお読みいただきありがとうございました

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*