「相手の目線」になるためには「自分がその立場」になること。

カテゴリー:
タグ: ,

夜の更新になってしまいました。

今も新幹線の中です。

移動中に「モノを書く」ほうが
手が進むような錯覚に陥ります。

販促物のチェック

今日は横浜の企業さまで研修会をしてきました。

連続する「研修会」では、
「販促物チェック」のワークをさせていただく回があります。

この時、いきなり「自社の販促物」をチェックするのは
好ましくありません。

だって「自社」のことは良くも悪くも「知りすぎて」いて
「販促物を見る側」(つまりお客さま)の視点になりにくいのです。

ですからあえて、「世の中にありふれている」販促物に対して
「素直な」意見を出し合うことから始めます。

例えば旅行。
そのパンフレットに対して、

「素直な個人の意見」をグループで発言しあうのです。

「このパンフのターゲットってどんな人だろうね?」

とか、

「このパンフに書いてあることって何のためなんだろうね」

とか・・・

わりと「辛辣な意見」が飛び交います。(笑)

そうなんです。

世の中の多くの販促物は、まだまだ

「自分たちの言いたいこと」が前面に出てきています。

すべてがダメとは言いませんが、

「相手の興味を引く」ことを重視した設計が
まだまだ少ないのです。

「相手の視点になる」という重要性

「お客さま視点になろう」などという表現はあちこちで耳にします。

でも、なかなかその視点になれないのも現実です。

だから、「自社の販促物をチェックする前」に
他社(違う業界)の販促物に対して「お客さま」として
素直な「ツッコミ」を入れて、、、

ちゃんと「お客さま側の視点」を体験してから、

「自分たちの販促物」への視点に置き換えていく。

回りくどそうでも、「この回り道」をすることで、
「リアルな相手の視点・思考」を想像できるようになるのです。

「自分たちの言いたいことだけが並んでいる販促物」
になってはいないか?と

素直に疑うことができると「改善」への道は遠くありません。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました

ライズマーケティングオフィス株式会社
田中みのる

ホームページ http://www.minoru.co
フェイスブック facebook.com/tanakaminorurise
ツイッター twitter.com/minorurise

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*